2011年08月15日

ザンショハイツマデ?

 裏部長です。


 終戦記念日です。巷ではすっかり東北の震災、または原子力発電所の事故でもちきりですが、TVなどでは細々と特別番組を製作し、あの年の夏を伝えています。

 どんなに鈍感でも怠惰でもいいから、こういう季節くらい、戦争の悲惨さを思いだしたいものです。




 さて、ひさしぶりに栃木のTくん、ならびに奈良のMさんからコメントをいただきました。

 最近はすっかり閑散としていたので、嬉しい限りです。




 栃木ではあいかわらず日々の稽古がつづけられ、また奈良では、コメントにもあったように抜刀術や体道の研鑽に余念がないといった印象を受けました。

 関東の地にも関西の地にも、凄腕の猛獣……失礼、猛者たちがいる。

 空心館の一員としてこれほど力強く感じることはありません。



 余談ですが、最近ブログに技の内容や発見などについて、わたしは書くことを控えています。これは以前、奈良のMさんから「武術は秘するもの」という指摘を受けたことにより、意識的にそうしていたらいつの間にか書かなくなってしまったというもので、いまでは習慣のようになっています。

 だから、今後の記事もあまり読んでいて面白くはないかもしれませんが、ご勘弁ください。



 そうそう。

 唐突ですが、明日の札幌の予想最高気温は二十四度です。多少、湿気はあるものの、全道的に涼しい一日となるでしょう、とTVで天気予報士が笑顔で言っています。


 夏はもう終わってしまったのでしょうか。


 べつに蒸し暑い日々が収束を迎えることは構わないのですが、そうしてすっかり残暑をすぎ、秋の色さえ見えてきたころに、いまだ夏まっさかりの北関東へ出向く……。



 なんともスリリングなひとり旅になりそうです。



 
posted by 札幌支部 at 18:58 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年08月08日

念願!!!!?

 こんばんは。裏部長です。


 札幌支部は先週金曜日、5日の稽古をもって、夏休みに入りました。

 再開は九月の最後の週から。きっともう、残暑も終わっていることでしょう。



 先日書いた「自由にならない突き」ですが、あいかわらず、攻略できずにいます。

 ただし、いくらか進展はあり、また新たな課題も見えてきています。


 こういう時期が、稽古のなかにはあるのですね。




 さて、わざわざ報告することもないのですが、9月13日に栃木へ行きます


 裏部長、単身遠征です。


 まだまだ残暑の厳しい時期に、それ以外の熱も大量に発生しているであろう本部道場へ行きます。



 じつはその前日に、東京で所用があり、当初はそのまま帰ってくる予定だったのですが、せっかく飛行機を利用して行くのにとんぼ帰りではもったいないと、急遽、栃木へまわることを思いついたのです。


 自分で決めたことながら、どうしてそんな暑い時期に、という後悔がないわけではありませんが、こんなときでないとなかなか行けないので、気合いを入れて新栃木駅へ向かいます。



 本部のみなさん、そのときはどうぞよろしくお願いいたします。



 それでは、よき夏休みを。


posted by 札幌支部 at 19:15 | Comment(2) | 裏部長の日記

2011年07月30日

ただ一閃

 こんばんは、裏部長です。


 いやあ、暑い

 そりゃ本州にくらべたら楽なもんでしょうが、こちらはこちらで、やっぱり夏は暑いのです。しかも近年は、さわやかな風が吹く北海道らしい夏が消え、すっかり蒸し暑い日々が続いています。

 そんな中で稽古をすりゃ、そりゃあね、胴衣も濡れぞうきんのようになりますよ。


 のっけから愚痴ってしまいましたが、昨夜は空手の稽古でした。

 
 札幌支部は来週いっぱいをもって、夏休みに入ります。再開は九月二十七日なので、二箇月ほどおやすみということになります。


 だから、というわけではありませんが、昨夜は子供たちが多かった。師匠のご子息、そのお友達、そしてK先生のお子さんもいらっしゃったので、さながら子供祭りの様相を呈していましたね。そのくせ、子供以外に参加している人間が、わたしのほかに二三名しかいないというのですから、なんともはや……。


 おっと、またもや愚痴ってしまいました。

 昨夜の稽古の話でしたね。


 窓をあけると、わたしの大嫌いな虫たちがたのしげに入ってきてしまうので、これくらいの気温の日には絶対に換気しません。汗のにおいと、男たちの熱気がこもる札幌大学1001教室で、空手の稽古は粛々と進みます。


 基本を軽めにひと通り。手廻し。その場で内受け・逆突き、ワン・ツー。

 移動稽古は追い突き、逆突き、追い突き・逆突き、刻み突き、ワン・ツー、前蹴り・廻し蹴り、五連続。


 約束組手はまず、わたしとK先生が受け手専門になり、数名の参加者がこれに順次かかってゆくという流れで、気づけばもう午後七時。


 ここで、子供たちとK先生は早退です。


 後半の稽古はその後、約束組手の続き、型、体道と進み、午後八時すぎに終了したわけですが、わたしのなかには口惜しさが残りました。



 どうも追い突きに不満が残るのです


 空心館の空手では、さまざまな攻撃手段のなかでも突きを、とくに追い突きを稽古し、磨いてゆく。このことについては過去のページにも書きました。

 蹴りよりも、打ちよりも、とにかく追い突きを稽古してきた日々。収穫もあれば挫折もありました。


 その末にいまの自分がいるわけですが、最近はどうも、追い突きに不自由さを感じてならないのです。


 歯がゆいほど、突きが自由にならない。ものすごく硬い、頑ななケースに入れられ、その形状のなかで押しつぶされるかのような窮屈さ。生まれかけた威力をもてあまし、十二分に発揮できない情けなさ。



 あれはどういうことなのでしょう。これまでは、あくまで意識的に身体を動かそうと稽古に励んできたつもりでしたが、どうも最近は自分のコントロールを無視して、その拳が、その突きが、わたしが思ったように動いてくれなくなっているようです。


 ただ一閃。速度と威力を秘めた追い突きだけでよいのです。それさえあれば、すべてが終わるのに。



 なんだか終始愚痴になってしまいました。

 裏部長、すこし早い夏バテかもしれません。


posted by 札幌支部 at 19:35 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年07月17日

修業者多忙

 こんばんは、裏部長です。

 蒸し暑い連休、いかがおすごしですか。


 現在の札幌は霧雨で、外へ出てじっとしていると肌寒いくらいです。

 つい先日には気温が三十度を超え、すっかり夏になっていた身体には少々しんどい気候です。




 最近、ふいに、空心館へ入った当初のことを思いだします

 あれはいまから七年前

 わたしはまだ大学生でした。



 空手のかの字も知らず、足を振りあげるだけで息を切らしていたあのころ。

 師匠の研究室で、わたしと部長との三人だけで、空手をやり、体道もやっていたのでした。

 
 稽古が進むにつれ、手狭になり、また門弟も増えてきたために、教室を借りるようになりましたが、あるとき稽古開始時刻になっても師匠が現れず、一時間ばかりすぎたころでしたか、血相を変えて走ってこられて、すっかり忘れていたと、お詫びのジュース片手に謝っていた師匠の笑顔や声が、昨日のことのように思いだされます。



 ……なんだか、遺書のようですね(笑)


 
 武術の右も左もわからず、ただ師匠の技に感動し、空心館へ入門して稽古をはじめたあの日から、丸七年。

 あっという間でもあり、思い返せば、ほんとうにいろいろなことがありました。



 それでいて、いまだに気持ちが失せず、なお烈しく燃えあがり、より一層の修業を志している現在の自分が、我ながら不思議でなりません。



 空心館には、武術としての、また護身術としての空手である「藤谷派糸東流拳法空手道」があり、一方で、武術の宝庫ともいうべき「体道」があります。

 空手だけを取ってみても、尽きることのない修業の課題があり、それに加えわれわれは、体道という宝の箱を有しているわけです。



 単に技や型の数だけを見ても、途方もない道場です

 もちろん、技数を増やすだけが稽古ではありません

 それを吸収し、深め、研究し、実践してゆく過程もふくめての修業です



 そう考えると、われわれのなんと多忙なことか!


 
 他の流派や他ジャンルの武術、格闘技の知識を得たり、本を読んだり、DVDで動きをチェックしたり、インターネットで動画を検索し、お気に入りに溜めこんで休日に鑑賞したりしている暇は、わたしたちにはないのですね。


 そんな時間があるなら、一本でも有意義な突きを

 資料を収集する金があるなら、栃木へ修業の旅に

 知識を溜めこむ体力があるなら、本部道場の猛者たちと



 武術を志す者は、多忙であることを、誇りに思うべきです。

 わたしはもう忘れません。


posted by 札幌支部 at 20:06 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年07月03日

いま考えること

 こんにちは、裏部長です。

 最近はすっかり夏で、暑い日がつづきます。

 北海道はさほど辛くはない気温ですが、本州はさぞや地獄のようでしょう。

 TVの天気予報で、「猛」とか「厳」という字を見るたびにそう思います。



 先週の金曜日。七月に入って最初の稽古。

 あいにく師匠はお休みでしたが、後輩たちは三名ほど参加してくれて、そこに部長も来てくれて、図らずも賑やかな夜になりました。

 基本をやり、その場ですこし動いて、移動稽古へ。

 師匠不在でわたしが指導役をする場合、極力丁寧に、基本に忠実に動くことを最優先に考えます。

 この日も同様で、とにかく基本的な動きを正確に、純粋に表現することを追求しました。


 稽古自体はさほど変わったこともなく、そのあと約束組手をやり、最後にすこしだけ体道の復習をして幕を下ろしました。着替えをはじめたのは午後八時十五分ほど。

 しかし、われわれが大学を出たとき、時計は午後九時をまわっていたのです。

 その間、何があったのか。


 熱心なる後輩たちが、稽古時に負けないほど熱心に質問をしてきてくれたのです

 これにはもちろん、わたしも部長も熱心に答えます。いつもの風景ではあります。


 ただ、たとえばそれが空手に限らず、体道の話や、本部道場でやっている抜刀術の話などに至ると、わたしもなんとなく、切ない感慨にふけってしまいました。


 ああ、いま自分たちが稽古できているものは、どれもすごく貴重なものなのだ。
 
 師匠から伝えられる空手もそうだが、たとえば体道などはどうだ。歴史があり、とてつもない内容を有しているのに、実際に稽古している人口はかなりすくない。

 本部道場でも数えるほどしかいないというではないか。


 北海道では、ここ札幌支部を中心に、特殊な事情で体道を教える空間が増えつつあるため、年々その稽古人口は増えているが、あれほど素晴らしい――先日、来られた中国武術の師範の表現を借りれば“まるで宝のような”――ものを、それくらいの人数しか稽古していないというのはなんとももったいない。

 
 もちろん、伝えるために、遺してゆくためだけにわれわれは稽古をしているわけではありません。

 純粋にたのしいから、もっと巧くなりたいと欲するからこそ汗を流し、しんどいことにも耐えられるのです。

 技や歴史を受け継いでゆくのはその結果であり、わたしたちはまず、黙って稽古に励まなければなりません。


 それをわかった上で、でも、どうしてもそう考えてしまうのです。



 師匠から教わる藤谷派糸東流拳法空手体道も、この地に、そして次の世代に伝え遺してゆく使命のようなものが、これからも稽古をつづけてゆくわたしたちにはあるのではないか。たのしく、前向きに取り組みながら、それぞれが高い志と、胸を張れる誇りとをもって、その術理を学べることを感謝すべきではないか。


 そんなことを、いまの裏部長は考えているわけです。



 
posted by 札幌支部 at 15:20 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年06月08日

拳を握る理由

 


 独白。

 
 己の未熟さを悔いるとき、身体のなかには熱がある。
 
 感情的にさせる何かがあった。それを抑えることも、紛らわせることもできなかった。

 そんな後悔。忸怩たる想い。

 こんな気持ちになるのなら、もう争いになど出会いたくはない。


 もう二度と。


 争わないためにはどうしたら良いだろう。

 いくらこちらが非武装で、温厚で、優しく接していても、攻撃的な人間はその姿勢を崩さない。

 野蛮であろうとも、自己中心的であろうとも、何喰わぬ顔で自己顕示欲を発揮する。

 辟易してしまうのだ。

 もう子守りはまっぴらだ。


 では逃げようか。

 最初から彼らには近づかず、自分だけの世界で生きようか。


 それも、またひとつの道かもしれない。

 あの人がそう生きたように、自分で山をつくり、その頂上に立てば変わるかもしれない。


 でも、自分はその道を選ばないだろう。


 実践と憧れはちがう。

 恰好いいとか、羨ましいとか、そんな感情は上辺だけのものだ。

 もしほんとうに欲するのなら、誰が何も言わずとも、それを実践している。

 そうせずに、憧れを募らせるだけで終わる対象は、結局のところ自分には合わないものだ。


 だから、師には意味がある。

 この師に出会い、この師について数年間を経てきたということには重い意味がある。


 ある人は言った。

 師をもつ人ともたない人のちがいは、ただ一点。

 謙虚であること。


 わからないことはもうわかっている。

 その闇を晴らしたいわけではない。

 真相などいらない。それを提示しようとする人間など不快でしかない。


 もっと単純に、もっと明快に生きたい。

 そして怠けるためではなく、逃避の動機にでもなく、ただ安住の地を求めたい。


 世間話のできる人間になりたい。

 理解しあい、呼吸しあい、ともに同じ風景を見て笑える仲間が欲しい。

 生き方が狭いかい?

 そんな考え方は幼稚だと、高いところから見下して笑うかい?


 それでもいいさ。

 青空のような拳を、こうして握りづづけることができるのなら。

posted by 札幌支部 at 14:05 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年02月01日

姿勢

 アクション俳優、スティーヴン・セガールが若きころのお話。


 念願の来日が叶い、日本で合気道やら空手やら柔道やらを習っていたセガールは、ある日、某神社でおこなわれている剣術の稽古へ参加することになりました。

 どこの神社でおこなわれているどんな流派の剣術なのかは判然としていませんが、本人がそう言っていたので事実でしょう。神主自らが指導していたというので、なんとなく興味をそそられる場所ではあります。

 とにかく、日本の武術に心を燃やしていたセガールは、拙い日本語聞きとり能力を駆使しつつ、師範の教えを受けるわけですが、剣の握り方について指導されているとき、彼は失態をおかしてしまいます。

 握り方や指の運用を教えてくれる師範に向かってセガールは、こんな風に言ってしまったというのです。

はい。それ知っています

 もちろん、言いたいのは「わかりました」ということだけだったのですが、まだ日本語を習って間もないころだったのでしょう、満足にその気持ちを表現することができなかったのですね。

 そのあと、師範はただひとこと、

ああ、そう。知ってるの。だったら外で自分でやりなさい

 と言って、彼を稽古から除外してしまったそうです。



 きっと、本来の武術というのはこういったものなのでしょう。

 ことばの問題だけではありません。

 それが外国人ならまだしも、こういったケースは、日本人同士でもよく見られます。

 そして、口から出たことばは十中八九、その人の心を表しているのです



 学ぶためには、学ぶ姿勢にならなければなりません。

 そして、真に学ぼうとしている人は、謙虚です。指導する者の前では無となり、教えられればすぐに、どうにかしてそれを吸収しようと努めるはずです。

 
 誰が、という話ではありません。

 それはわたしであり、これをお読みのみなさんでもあるでしょう。


 器用になるな。わかった気になるな。つねに謙虚であれ。



 それができなくなったとき、成長は止まる。


posted by 札幌支部 at 22:03 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年01月21日

臨機応変

 裏部長はいま、構えに取り組んでいます。

 ひさしく手をつけていなかったテーマです。長らく、ほったらかしにしておいたものです。

 やってみると、これがまたいろいろと考えさせてくれる、厄介なやつなのです。



 組手などにおいて、相手が前にいる。そしてこれから攻防をしようという状況にある。

 こういった場合に、まず構える。

 この構えのことをいまは考えているわけですね。

 
 わたしが思うに、要点のひとつは、すべてが相手に向いている、ということではないでしょうか。

 手はもちろん、足も相手からずれていない。手をそのまま出せば突き、足を出せば蹴りになるよう、きちんとすべてのパーツを相手に向ける。決してそっぽを向かない。


 半身をつくろうと思い、上半身をひらくと、後ろ足もそれにつられてひらいてしまうことを防ぎたいわけです。きちんと後ろ足は締めておきたい。



 ただし、これは出発地点です。

 これから自分が攻撃する、もしくは相手が攻撃してくるのを捌く、という状況下では、つねに同じ体勢を維持して動くことは至難のわざ。いや、むしろナンセンスです。相手が変化しているのに、こちらがずっと同じかたちというのはやはりおかしい

 この点がものすごく難しい。



 結局は「臨機応変」の四字に尽きるのでしょうか。

 しかし考えてみれば、武術でこれを実現するのは、とてつもなく高度なことです。きちんと決められた動きを決められた通りにおこなうだけで良いのなら、まだ楽だし、逆にすべて好い加減で良いのなら、それもまた簡単なことでしょうが、これはそのどちらとも違うし、そのどちらをも内包している。

 大変な道です。でも、それを師匠たちはやっているのですね。

 師匠の構えが、動きが、きちんとしていながら硬くなく、柔らかいのにだらしなくないのはおそらく、ほんとうの意味での「臨機応変」ができているからなのでしょう。


  
 いまやっている構えは、その第一歩と信じたい。



posted by 札幌支部 at 22:04 | Comment(1) | 裏部長の日記

2011年01月18日

個性を履きちがえない

 こんばんは、裏部長です。


 栃木のTくん、ならびに東京のT田さん。

 コメントありがとうございました。


 そうですか。師範は踵ですか。

 わたしも、同じ靴下を長く使用していると、いくぶん踵の部分が薄くなりますが、穴はあかないなあ。何かちがいがあるのでしょうか。

 本部道場でも稽古がはじまったようですね。想像しただけで寒気が襲うあの猛者たちが、床板を踏みぬかんばかりに突きあっているさまが、目に浮かぶようです。

 われわれも若さに任せて、そのあたりの激しさはもうすこし見習わなければ。


 T田さんはすごい。

 東京へ転勤されて、札幌支部にも本部にも顔を出せない多忙な日々を送られていながら、つねに稽古を生活の片隅に置き、満足せずに精進されているなんて、ほんとうに素晴らしいことです。

 またともに汗を流しましょう。



 して、こちら札幌支部の今日の稽古ですが――。

 あいかわらず、OくんとIくんといういつものメンバーで、いつも通りのメニューをいつも以上の気合いと元気でやってみたわけですが、いろいろと気づくことは多くありました。

 いや、それ以上に、反省すべき点が、わたしには多かったかな。


 それらについてはまた後日、じっくりと腰を落ちつけてから書きにきます。


 それは、大まかに言うと、今日のタイトルになります。


個性を履きちがえない


 再出発にはうってつけの、よい稽古でした。


posted by 札幌支部 at 21:54 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年01月14日

寒い穴

 こんばんは、裏部長です。

 
 今日の札幌支部の稽古はお休みです。今週末はセンター試験があるため、今日からもう教室等は使用不可なのですね。学校ならではの事情です。

 明日からはまた寒いそうで、受験生のみなさんには気張っていただきたい。いくら北国に生きる若者だとて、マイナス十度とかTVに表示されると、それはそれでぐったりくるものです。気後れせず、寒さにも負けず、立派にやりとげてください。



 そうそう、寒いと言えば――。

 みなさんは、靴下に穴があくとき、どこにできます?

 周囲の方たちや、TVドラマのしがないサラリーマンなんかを見ていると、たいてい指先ですよね。なんとも情けなく、指の頭だけが外へ出ているという状態しか、わたしは目撃したことがありません。

 しかし、わたし自身はと言うと、これが不思議。一度も指先に穴があいたことはないのです。


 穴が発生するときは決まって、足の裏、上足底にできてしまうのです。


 これはもう、職業病みたいなものだと諦めていますが、それで何足の靴下をだめにしたことか。

 片方に小さな穴があいているくらいであれば、端からは見えないし、家のなかで履くぶんには良いだろうと、わざわざ捨てずに使用しつづけているわけですが、この季節はさすがに辛い。

 氷点下でふた桁に達しようかという寒気が、数センチ四方の穴から忍びこんでくるのです。

 これは、考えただけでも、寒い。



 受験生のみなさん。どうか、穴のあいていない分厚い靴下を履いて、会場へ向かってください。

 健闘を祈ります。



posted by 札幌支部 at 19:46 | Comment(2) | 裏部長の日記

2011年01月11日

星の数ほど

 こんばんは、裏部長です。


 今日は空手の稽古でした。参加はIくん&Oくんのいつもの顔ぶれで、師匠は開始一時間後くらいに合流されました。

 前半は、基本稽古ひと通り、手廻し、移動を追い突き、逆突き、追い突き・逆突き、ワンツーとやり、型の復習をはじめようかというときに師匠が来られたわけです。

 後半は、体道をおこないました。Iくんは師匠と天心古流を、わたしはOくんの浅山一伝流の復習につきあいました。


 上記のふたりは、真面目に稽古へ臨んでくれています。感心するほどです。だからこそこちらも、すこしでも彼らの動きがよくなり、武術として向上するようにと、精一杯の指導をするわけですが、今日ふとこんなことを思ってしまいました。


 基本稽古ひとつを取ってみても、彼らに指導したい箇所は山のようにあります。それは仕方のないことで、いまのわたしを師匠が見れば、同様にあれやこれやと口を出したくなるはずです。段階の差こそあれ、修行途中である以上、上位の人間から見れば、そこに直したい部分はいくらでも発見できてしまいます。

 わたしが彼らを指導する際、気づいたことを次から次へ言ってしまっては理解しきれないだろうと思うため、至急直したほうがよいものを優先的に伝えているのですが、そのポイントたるや、いったい何個あるのだろうと考えてしまいます。


 其場突きにしたって、いくつもの注意点があるでしょう。くどくど書きませんが、初心者のころに口うるさく言われた数多のポイント。これをしてはいけない、こうすると脇があいてしまう、などなど、とにかく、数えあげてゆけば途方もない量の注意ポイントがあります。

 それこそ、星の数ほど。

 われわれは稽古を重ねるうちに、それらをきちんと網羅しながら、それでいて自然な動き、脱力した技を、ごく平然とおこなえるようになるわけです。


 これ、あたりまえのようにやっていますが、じつはものすごく高度なことではないでしょうか。


 
 基本のちょっとした動きにおいてさえ、無駄な稽古など一瞬たりとも存在しない。

 改めて感じさせられました。


posted by 札幌支部 at 22:19 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年01月07日

砂嵐

 こんばんは、裏部長です。


 今日から札幌支部の2011年がスタートしました。稽古はじめです。

 しかし、こんな日に限って、大荒れの天気。札幌の最低気温はマイナス十度。

 寒いというより痛い一日でした。


 参加は札幌大学のOくんと札幌医科大学のIくんに加え、師匠の体育の授業を取っているという一年生の青年がひとり。体育会系の、とても礼儀正しい人でした。

 基本をやり、移動をやり、型をやり、約束組手もやるという濃厚な二時間。


 得たことはいろいろあります。わたしは後輩たちを指導しているようで、その実、彼らからさまざまなことを学んでいます。



 程よい疲労を抱えて帰るバスのなか。窓の外はまるで砂嵐のような猛吹雪。

 すこし遅めの真冬が、ようやく訪れたようです。



posted by 札幌支部 at 22:22 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年01月04日

 先日、こんなことがありました。


 友人数名と会っていたときに、どういうわけか話の流れで、

「写真を撮ろう」

 ということになりました。

 まあ、集合写真のようなものですね。

 記念に一枚、みんなで仲のよさそうなところを撮影しようということになったのです。

 カメラをセットし、立ち位置を決め、さてタイマーを、というときでした。

 友人のひとりがふいに、ダブルピースをしたのです。

 ダブルピース。

 両手でチョキをつくり、にっこり笑った顔の横へ掲げるあの恰好。

 それを見たもうひとりの友人が、「みんなでやろう」と言いだしました。

 だからわたしも、年甲斐もなく、そんな可愛らしいことをしたわけです。


 驚いたのはポーズを取った次の瞬間。


 わたしはなぜか無意識のうちに、手の甲を前に向けて、“逆ダブルピース”をやっていたのです。

 普通は掌を前に向けてやります。友人たちはみなそうしています。

 しかし、わたしはどういうわけかその恰好ができず、ごく自然に、逆のかたちになっていたのです。


 あとで気づいて、ちょっと感動しましたね。


 つまり、普通のダブルピースより逆ダブルピースのほうが、脇が締まる。

 そのまま拳をつくって前へ出せば、刻み突きです。

 数年のあいだ数えきれぬほど取ってきたその恰好が、無邪気に写真撮影をしようとしているときにさえ出現し、わたしの動作を誘導したのです。

 わたしの両脇は、いまや、空手をやるに最適な状態となっているのです。



 ちょっと嬉しく、しかしその喜びを誰に伝えてよいのか、よくわからない出来事でした。


posted by 札幌支部 at 20:34 | Comment(0) | 裏部長の日記

2011年01月01日

元日くらいは

 明けましておめでとうございます。

 裏部長でございます。


 2011年が幕をあけました。札幌は例年にくらべて雪がすくなく、都心部の車道はほとんど全面的にアスファルトが顔を出しています。気温も、晴れていればさほど寒く感じないほどです。

 
 まず御礼を。

 奈良のM田さん、コメントありがとうございます。書籍等に関しては、やはり同じようなことになっていると知り、いくらか心が軽くなった思いです。

 わたしはしかし、M田さんのように雑誌を買うということもしておりませんで、たまに書店の武道コーナーを覗いて「うーん」と唸ってみたり、インターネットにあがっている動画なんぞを暇を見つけては探っている程度です。ほんとは、まだまだ勉強が足りないのかもしれません。

 ともかく、筋肉痛が翌日にやってくる若さを活かして、今年はよりいっそうの熱意と志をもって精進して参りますので、コメントのほど、よろしくお願いいたします。



 さて、新年を迎えると、みんながみんな立てたくなるものがあります。

 そうです。「今年の目標」というやつです。あれ、どういうわけかこの時期になると立てたくなりますよね。不思議なものです。

 まあ、それが実現できるかできないかはさておいて、一応わたしも、ここに2011年の目標を掲げておきます。


 とは言ってもごく簡単なものです。

 まず空手で三段を取る。これはもちろん、いま稽古している三つの型「松風」「最破」「鷺牌二段」を憶え、きちんと打てるようになるだけではなく、三段を有しても恥ずかしくない実力を得るということです。技術としても、姿勢としても、これはとても重要なことです。

 そして、体道。こちらでは、いよいよ入門当初から触れつづけてきた柔術から外れて、杖をつかった技を稽古しはじめます。不馴れなこと盛りだくさんの新しい世界ですが、もともと体道関連のものにはすべて強い興味があるし、それに杖はわたしが大好きな得物なので、いまから心を躍らせているところなのです。


 
 ともかく今年も一年、元気に、たのしく稽古してゆきます。

 一年間、何卒よろしくお願い申しあげます。


posted by 札幌支部 at 22:19 | Comment(0) | 裏部長の日記

2010年12月31日

すべてはその一本のために

 おはようございます。裏部長です。

 いよいよ2010年も今日で終わってしまいます。

 いろいろなことがあった一年でした。



 いきなり話が変わって申しわけないのですが、昨日ちょっと出かけておりまして――。

 二時間ほどですかね。足をかけるところが一段しかない小さな脚立を左手に、半畳ほどの大きさの発砲スチロール状の板を右手にもって、ある場所を移動していたのですが、今朝になってびっくり。

 なんと、それらをもっていただけで、両腕が筋肉痛なのですね。これには驚いたなあ。


 まあ、単純に鍛錬してないんだろと、奈良のM田さんに叱られそうですが、わたし個人としてはちがう見解をもっていまして、つまりね、日ごろの稽古では、そのようなさほど重くもない物を二時間抱えつづけるに必要な腕力さえ使用していないということだと思うのです。

 面白い発見でしたね、これは。



 面白い発見といえば、まだほかにもあります。

 札幌支部では、使用している場所の事情で、「えいっ」という気合いを発しません。つまり、稽古のなかで声を出さないのですね。

 このやり方で何年間も稽古してきたために、現れる弊害は何も、本部道場へ行ったときに戸惑う、ということだけではなく、“キメ”がつくれないという点にも影響しているような気がします。

 つまり、声を発する瞬間に締める、突く、決めるといった感覚がないのです。もちろん、これの良い点もないわけではないのですが、あきらかに他支部や本部道場の方とくらべると動きの雰囲気が異なっています



 また同時に、これはわたしの起こした弊害とも言うべきものなのですが、一本にこだわらない組手をしていたなあと反省しているのです。


 数年前。本部道場へ伺った際、稽古の終わりに、師匠とY師範代との組手をカメラ片手に撮影したことがあって、わたしはホラ、おふたりの動きを足したものを理想としているので、北海道へもどってからも、何度となくVTRを見返して研究し、またそれを実際の稽古のなかでやってみたりしたわけですが、ここがすべてのはじまりでした。

 つまり、空心館の約束組手は、やはり何と言っても中段追い突きであり、この一本をとにかく鍛えあげることで、その他すべての突きに活かすことができるわけですね。

 それなのにわたしは、師範代の動きなどを学ぶため、一本では終わらず、受けは捌きつつ下がる下がる、攻撃側はそれを追って、突いて突いて突きまくるみたいなことを、ごく普通にやろうとしてしまった。

 すると、うちの師匠はそれを丁寧に指導してくださって、現在に至るわけです。


 そんな動作をやってきたために、相手が下がれば、それをことごとく追って、広い教室の端から端まで連続して突きを繰りだすことは可能になりました。

 しかし、これは奈良のM田さんが来札された際におっしゃっていたのですが、手数はあるのだがここで決めるという一本がない攻撃が散漫としている、という状態を招いているわけです。

 あの夏の指摘が、いまになってようやく身に迫ってきた気がします。




 長々とよくわからない文章を書いてきましたが、結局のところ、もう一度原点にもどりたいわけです、裏部長は。

 つまり、肝心の一本を鍛える、ということです。相手を追いかけて、止まらず、手数多く繰りだして、攻めつづけるという動きには馴れてきた。ならばいまこそ、その最初の一本を鍛えなおし、精度をあげ、二本目三本目の必要がないほどに鋭く強烈なものにする

 これこそが、来年のわたしたちに必要な大きな課題であると信じます。





 わたしの部屋の、蒲団を敷いて寝ている場所のすぐ目の前に、TVとHDDのレコーダーがあり、そこに過去のVTR(師範や師匠からお借りしたものも含めて)をすべてダビングし、暇があればわずか数分でも見ています。そこには若き日のOさん、I師範代、四十代の師範も登場したりします。

 それらを見るにつけ、また栃木へ行きたいなという思いが募ります。そして、いろいろなものを吸収してみたいと心身が欲するのです。


 しかし、そのためにはまず自分を鍛えなければなりません。

 来年は、それを叶える一年にします。

 悔いなく、確実に前進を体感できる一年に。






 空心館、ならびにこのブログを読んでくださっているみなさま。

 今年一年、どうもありがとうございました。

 すっかり閑散としてしまいましたが、来年は毎週更新し、以前のような活気を取りもどしたいと願っております。

 応援、もしくは書きこみを、よろしくお願い申しあげます。




 どうぞ、よいお年を。


posted by 札幌支部 at 11:26 | Comment(1) | 裏部長の日記

2010年12月28日

三枡分

 こんばんは、裏部長です。


 すっかり年末です。新年に向けて、そろそろ大掃除でもと、重い腰をもち上げる今日この頃。

 みなさま、いかがおすごしでしょうか。



 先日ちょっと考えさせられることがありました。


 大掃除というほどではないのですが、武術関係の書籍を、一箇所に集めてみたのですね。いちばん目につく本棚へ、とにかく一挙に並べてみたわけです。

 わたしが抱えている書籍など高が知れていて、全部あわせても、一般的な本棚一個分くらいしかありません。

 それでも、まあ全部を詰めてみると、それはそれで迫力があり、地震で倒れてきたら危ないなと、ひそかに心配してしまうほどの状態になったわけですが、これを見ていて、ふと感じたことがありました。

 それは、いまのわたしに不必要なものが多すぎるということだったのです。



 大学生のころは、とにかくいろいろなものを読みました。師匠のもとへ辿りつくまでは、どのジャンルのどの流儀が自分に向いているのか、などと考え、資料を集めては考えこんだものです。

 そのころの戦歴とも言うべき書籍は、残念ながら、いまの自分にはあまり必要ない気がします。

 高校生のころからはじめた合気道関係の書籍も、最初に買った一冊さえ手元にあればいいかなあ、くらいのもので、中国拳法、古流剣術、他の打撃系武道、などなどの資料も、いまは心身ともに受けつけないところがあります。



 それらを間引き、たとえば摩文仁賢和さんの著作や天心古流の本、琉球空手関係、太極拳の李自力さんの本などを残すと、なんと、本棚のなかの区画された三マス分でこと足りてしまったのですね。

 すっきりしたと言えばそうなのでしょうが、どうも残念です。



 最近、よく書店の武道コーナーへ行くのですが、買って読みたいなあと思えるものがほとんどありません。

 自分が欲していることは、すべて稽古にある。そう信じているせいかもしれませんが、ああいった書籍を買い、読み、たのしんでいたころの感触を味わえないというのは、なんとも残念でなりません。





 空心館の諸先輩方は、どの程度の資料なり書籍なりをおもちなのでしょうか。

 そしていまも新しく出版される武術関連の本を、どう受けとめ、また手にしていらっしゃるのか。

 訊いてみたいことではあります。



posted by 札幌支部 at 20:02 | Comment(0) | 裏部長の日記

2010年12月24日

めおと〜で



 空手はもともと、手。

 手といえば、琉球。

 いまの沖縄。

 沖縄といえば、「めんそ〜れ」。

 これどういうわけか、「めんそうれ」とは書かない。

 そして、「めんそーれ」でもない。

 なぜか、「めんそ〜れ」がしっくりくる。

 きっと、〜という記号が良いのだろう。

 沖縄の、あの独特のゆるやかな風土に合っているような気がする。


 だから、あえて平仮名で書く際、わたしは夫婦手を、

「めおと〜で」

 と書いてしまうのである。


 空手をやっている人間であれば、ほとんどの方が知っている夫婦手。

 最近の裏部長はこの夫婦手に取り組みはじめている。

 これ、黙って構える分にはさほど困難ではないのだけれど、いざ動いてみると難しい。

 とくにいまは、こちらから突いてゆくときの感覚がつかみきれない。


 これまではきちんと後ろの手を腰まで引いていた。

 その恰好で六年ほど稽古してきた。

 その構えを、いま、すこしずつ変えようというのである。


 無論、時間はかかるだろう。

 しかし、それは必要な時間だ。



 変革の一年、その幕あけは、この夫婦手からはじまる。

 支えるように。助けあうように。



posted by 札幌支部 at 15:56 | Comment(0) | 裏部長の日記

2010年12月21日

稽古納め2010

 こんばんは、裏部長です。

 
 以前から申しあげていたように、今日は札幌支部の稽古納めでした。

 いつも火曜日は遅れて来られる師匠ものっけから参加という内容で、わたし以外には、札幌医科大学のIくん、札幌大学のOくん、道新文化センターでご一緒のM女史、そしてコメントを入れてくださいました高橋さんという見学の方があっての、わりと人数の多い稽古となりました。


 基本稽古ひと通りのあと、手廻し。其場での受けや突き、蹴りの連続動作。

 移動稽古は追い突き、逆突き、追い突き・逆突き。

 型。IくんとM女史は師匠とともに平安四段を、Oくんを平安三段を、わたしは松風最破鷺牌二段をそれぞれ稽古。

 約束組手。もちろん中段追い突き。わたしは最初Oくん、そしてIくんともやりました。

 最後は体道の復習をして、終了。

 こうして見ると、かなり多彩な稽古であったように思えます。




 とりあえず、今年一年を振りかえって。

 わたくし裏部長にとって、2010年は「苦悩」と「葛藤」の一年でした。

 いろいろなことにぶつかり、いろいろなことで頭を悩ませた一年で、苦しかった。

 しかし、その長い苦闘の時期も、冬を迎えたあたりで終わり、いまは充実しています。

 取り組みたい課題がたくさんあります。乗り越えたい壁も、確実にこの目で見えています。

 だから、2011年は「変革」の一年にします。かならず、してみせます。


 そしてすこしだけ、スリムになります。




 今年の、大学での稽古は一応終わりましたが、個人としての修行にお休みはありません。

 日々精進すること。武術をおこなう者として、あたりまえのことをあたりまえにつづける。



 いざ、新しき一年へ。




posted by 札幌支部 at 22:36 | Comment(0) | 裏部長の日記

2010年12月17日

忘却の彼方

 などといって、それほど恰好のよい話ではありません。

 案外、いろいろなことを忘れているよね、って、その程度のことなのです。



 こんばんは、裏部長です。

 今日は空手の稽古でしたが、諸事情により、お休みとなりました。

 つまり、札幌支部としては、来週の火曜日を残すのみとなったわけです。

 一年はあっという間です。



 今週の火曜日の稽古で見つけた課題が、なんとふたつもありました。


 ひとつは、「入身」です。

 こうして漢字ふた文字で書くといくぶん印象がちがいますが、簡単に言うと、追い突きをする際にきちんと相手の懐へ入っているか、という話なのですね。


 たとえばこちらから追い突きをするときに、相手がわりかし強めに前の手でその攻撃を払おうとする、もしくは受け止めようとする場合、浅く突いていたり、軽く突いているだけでは、あっけなく弾かれて、攻撃を成功させることができません。

 まあ多少の衝突を生んで、互いの腕が痛くなる程度でしょう。こちらがどんなに激しく突いてみても、ただ手で突いているだけでは、相手がそれを防ごう防ごうとすればするほど、たやすく受けられてしまうのです。

 こういったとき、肝要なのが“懐に入る”という点なのですね。

 中身は、毎度おなじみの話です。

 追い突きをする際、まっすぐ足を出してしまうと、相手の前の足のつま先と衝突してしまうので、なるべく弧を描くように出す。そうするとぶつからないし、また踏みこんだときに、こちらの足が相手の前の足の横へゆくよう出せれば、そのままその足を崩すこともできると。

 あの話です。そのあたりまえすぎる動きが、意外や意外、思いのほかできていなかったのです。


 
 この問題を解決するには、ひとえに、きちんと相手の懐へ入ること。それだけです。

 あとは、なるべく突く瞬間を奥まで取っておいて、腰を切る瞬間をいくぶん遅らせることですね。早く突いてしまうのではなく、すこし我慢をして、相手の懐へ深く入りこむ。

 相手の懐へ入ってしまうというのは、こちらの身体が相手の前の手の内側にあるということですから、突きを入れるのは随分とたやすくなります。


 基本にこそ極意がある。まさしくそれを感じさせられた課題でした。




 第二の課題は、「初速」です。

 追い突きを稽古するなかで、勢いよく突きたい、激しく突きたいと考えた場合、出力をあげるのはたいていの場合、後半です。つまり、突く瞬間に全力を発散させるわけですね。

 これは同時に、最後の瞬間まで突かない、という状態を維持するのにも有効です。

 攻撃する際も防御する際も、つねにニュートラルでいなければなりません。

 たとえこちらから前進して相手を突く際も、なるべく衝突する寸前まで突こうとはせず、ニュートラルな状態で、ただ身体を運んでいるようにする。そして、突ける間合いになったら、一気に爆発させる。

 これをずっと稽古してきたために、かえって前半部分の速度については、考えることがすくなかった気がします。


 次はこの初速をアップさせる必要があります。

 でも、これが難しい。足を運ぶ速度をあげようとすれば、その勢いに流されてしまって、肝心の突きが中途半端になってしまうし、そうかといって後半を意識すると、初速をあげることはかなり辛い。

 しかし、この初速をあげられれば、相手としてはかなり迫力の面で印象が変わるようです。

 取り組むにふさわしい課題と言えるでしょう。




 して、「忘却の彼方」ですが……。

 最近どうも身体が重くなった気がして、体重を量ってみたら増えています。

 こりゃ参ったなあ。ちゃんと稽古しなくちゃなあと思って、数年前の稽古日誌を読みかえしてみると、すでに四年前に、もう似たような体重になってしまっていたのですね。

 そんなことをすっかり忘れていました。そして当時は、毎日きちんと拳立て伏せや指立てなどの筋力トレーニングも真面目にやっていました。

 どうも、いろいろなことを忘れる性質のようです。



 思いだしただけまだまし。

 そう受けとって、もう一度励むだけです。



posted by 札幌支部 at 20:10 | Comment(1) | 裏部長の日記

2010年12月14日

小さな発見 大きな錯誤 

 こんばんは、裏部長です。


 札幌では、土曜日から日曜日にかけてまとまった雪が降り、あたり一面の冬景色となって、その雪が今日の雨などで一気に消えて、そしていま、また雪が降っております。

 せわしない空です。雪くらいゆっくり降らせればよいものを。



 今日は空手の稽古でした。参加メンバーはあいかわらず少数でしたが、わたし個人としてはいろいろと得るところのある有意義な稽古でした。

 基本をやり、移動をやり、約束組手をやり、すこしだけ体道を。

 さまざまなことを痛感したのは、約束組手においてでした。



 結局のところ、稽古とか勉強とか努力といったものは、いま見えていないものを見るための作業ですよね。その次元に達しないと見えない景色がある。それが見られるようになるまで、ただひたすら稽古に励む。

 つまり、そのときの稽古とは、見えないということを自覚し、見えているものから着手してゆくという地道なものであるはずです

 わたしはそんなあたりまえのことに、気づかずにいたようです。



 諸先輩方の動きを見て、ささやかな発見をし、真似をし、できた気でいただけでした。

 それは小さなことでした。たかだかその程度のことで、自分は黒帯を締める段階にあると思っていましたが、実際には遠く及ばない。

 現在のわたしの位置と、実際のわたしの実力とには、大きな隔たりがあります。

 まさに、錯誤。




 痛感するというのはこういうことを言うのでしょう。

 痛みです。痛みをともなった気づきです。

 それを今夜、得ることができました。




 具体的なことをいっさい書いていないので、これをお読みの方は何のことだかわからないと思いますが、ごく基本的な空手の話です。

 ともかく、もう一度、地に足をつけて、ほんとうの力を養わなければなりません。



 
posted by 札幌支部 at 22:34 | Comment(0) | 裏部長の日記