2006年08月19日

100:0

 こんばんは。裏部長だよ〜ん。おすぎさん、毎度毎度、Blogの管理ありがとうございます晴れ文章の数もどんどんと増えてきて、ようやくBlogらしくなってきました。ランキングのほうも徐徐に・・・・・・って、そんなに上がってないのねもうやだ〜(悲しい顔)世間はそんなに甘くはないのですねもうやだ〜(悲しい顔)

 ま、気にせず。ランキング目当てのBlogじゃないですからね。気にせず行きましょう手(チョキ)手(チョキ)

 部長はいまの自分自身のなかの「感覚」を書かれていましたが、こういう表現というのはとても大切だと想います。とかく感覚だとかイメージなんてものは、てめえの内ですっかり勝手に納得して終わっちまうことが多く、それを誰かに伝えて再確認するなんていうことは、師匠のような教える立場にならない限りほとんど無いことですが、これをすることによって、さらにその理解は深まります。表に出してみて初めて、「アレ、これでいいのかな?」なんて考えさせられることもあります。人間なんて不確なもんですから。

 だから部長に限らず、他の門弟たちもどんどん自分の「感覚」を文章にしてください。拙くても構いません。べつに学校の作文じゃないんだから。いま想っていることを想っている通りに書いてみてください。
 ・・・・・・と云って、気づけば大多数の門弟たちがこのBlogに関して、まだその存在すら知らない可能性があることに最近気づきましたexclamation至急、連絡を廻さなくてはなりませんね。

 さて、おすぎさんは師匠と李自力先生のことを書いておりましたが、その文章にもあった通り、こういった師範方に出逢えるということはなかなかあるものではありません。わたしは勝手に、こういった師匠方を「本物」などとは安く呼ばず、重みをこめて「本格」と称していますが、そういった方方に直接会うことができるなんざ、まさに、一生にあるかないかです。そういった先生方に出会えず、誤った道を本格と信じて邁進してしまっている人人がたくさんいることを、門弟諸君もよ〜く知っていることでしょう。
 これは「」です。縁がなけりゃ、どんなに欲していても出逢えない。少しでも縁があれば、厭でも近くにやってくる。出身国ということからいえば、あの札幌大学でのシンポジュウムにおいて、李先生ははるばるシナからやってきたのです。
 縁は、国境を越えるのです

 そんな貴重なる縁のおかげで出逢うことができた我が師匠、瀧元誠樹より教わったことのなかで、弟子入りして数箇月ころに聞いたアドヴァイスでいまも忘れずにいるものがあります。
 あれはたしか体道の稽古時だったと想いますが、師匠が技の解説をする、その動作の理由を述べられたときに、ふと、

武術においては、楽して勝ちたいわけだ。その動作(技)をしたときに、相手と自分とのあいだに、勝率のバランスがあってはまだいけない。70:30で勝っても90:10で勝っても、相手に少しでも勝つ可能性があっては武術として不成立。本当の武術では、常にこちら側が100%で勝っていなければならない

 こんなことをおっしゃった。後輩諸君も、ちゃっかり私がその受け売りをしているので聞いたことがあるかと想うが、これを聴いたときわたしは驚きました。正直云ってショックだった。まさにカルチャー・ショックの感があったのです。
 だって、そんなことは、それまで真剣にやっていた合気道のなかでも聞いたことのなかったから。厳しい武術のなかにしかない教えだったからなのでしょう。すっかり甘い武道の世界にはまっていた私にはとてつもないほどの刺戟になったのです。

 これはどういうことかと云えば・・・・・・。
 たとえば相手がこちらの脳天めがけて打ちこんでくる、これは刃物による斬りこみでも同じことですが、これを受け止めずにかわして捌くとします。そのとき、相手に対し、こちらは左足を軸にして躰をひらき、相手の打ちのラインから躰を逃がしつつ相手の腕をコントロールし、そこから床へ押さえ込んでゆく。これを坐ってやれば、日本伝天心古流拳法居取之位一本目「双手背之極」になります。
 このとき、どうして左足(坐った場合は左ひざ)を基準に躰をひらくのか。どうして受け止めてはいけないのか。押さえ込み先行ではなく、捌きが先行なのはなぜか。相手の打ちに対して、こちらは右腕で上段受け、左拳で相手の脇腹へ当て身を同時に入れるのは・・・・・・etc.
 それらへの回答は、すべて上記の一文で済んでしまいます。
 そう、そうしなければ、100%の確立で勝ちを得られない、違う云い方をすれば、負けてしまう、やられてしまう可能性が出てきてしまうから、でしょう。
 武術というのもそういうものなのです。これは空手にも、剣にも棒にも柔術にもいえます。

 こんな貴重な教えを、あっさりぽろっと与えてくれるような師匠に出逢えたことをわたしは誇りに想います。みんなもそう想ってください。
 師匠はどうか知りませんが・・・・・・(まさか、嫌ってはいないでしょうわーい(嬉しい顔)

 来週からはまた稽古が再開されます。みんな、夏バテと夏カゼには十分気をつけてくださいよ。
 裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月18日

反省。

 どうも、裏部長です。今日は気温こそ低かったけど、なーんかジメジメした天気で、風の通らないところにいると地獄でしたもうやだ〜(悲しい顔)カンカンに暑いのもきついけど、こう晴れきらないのも厭ですなあ。

 さーてさて、部長はなんとも部長らしい書き込みで、なんかBlogらしくなってきましたねわーい(嬉しい顔)Blogってのは日記だからね、ああいう日常のその日にあったことなんかを気軽に書くのがいちばん良いのでしょうが、でもね部長、わたしは何も、好き好んで武術のことばっか書いてるわけじゃないんだよ。ここは一応、日本武術研究所空心館札幌支部のBlogでしょう。タイトルに、札幌大学で空手と体道を稽古している〜って書いてるでしょう。そこに引かれて覗きにくるひともいるわけじゃない。「アレ、ここって何だろう」ってな具合に興味を持ってくれるかもしれんでしょうが。
 そんなときにだよ、あんまり武術と関係ないことばっかり書いてあったんじゃ、「ああ、ここは大学によく有りがちな仲良しサークルなんだ」なんて軽く見られて、二度と来てもらえないかもしれんでしょう。
 だから、わたくし裏部長は裏部長なりに、多少むりっくりにでも考えついたことを武術に結びつけて、毎日毎日書いているのです。ただの武術バカではないのです。結構たいへんなんだから、違うことを毎日書くっていうのは。ウソだと思うんなら部長も毎日書いてみなさいよ!いつかネタがなくなっちまうから!

 あっ、つい我をわすれてカッとなってしまいましたふらふら部長、このことは忘れてください。べつに怒ってるわけではありません。あしからず。

 あっ、そんなことを書いていたら、すっかり今日書こうと想っていたこと忘れちゃった!!チクショー!なんのための前置きだったんだか・・・・・・。

 というわけで、また明日来ます。裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月17日

裏部長、成長痛に苦しむ!

 クー!暑いねえ晴れお盆を過ぎたらもう夏の暑さもクール・ダウンするかと思って油断してたらまだ暑いもんね、まいっちゃうよバッド(下向き矢印)今日なんか手稲区で三十四度を記録したっていうじゃない。夏休みを謳歌している学生諸君はたのしいかもしれんけど、勤め人はたいへんよ。特に営業やってるひとなんか、こんな日でも長袖ワイシャツにスーツ、上着アリなんだから。見てるこっちが暑くなっちゃう。
 まあ、そんな夏に対する愚痴を云っても仕方がないので、グチグチ云うのはこのへんにしておきましょう。
 こんばんは、裏部長です手(チョキ)札幌支部のお盆休みも、週末も入れたらあと3日。来週の月曜日からはまたアツ〜イ稽古がはじまります。門弟諸君は体調にじゅうぶん気をつけて、できれば大人数で参加してください。

 とは云うものの、かく書くこのわたしが本調子じゃないもうやだ〜(悲しい顔)別に風邪をひいてるわけでも、怪我をしたわけでもないんだけど、どうもちょっと乗りきれない状態なのです。

 わたしを苦しめているのは、「成長痛」です。これは痛いよお。表現できないほど痛い。でも激痛ってほどじゃないから「痛い!」って叫ぶわけにもいかないし、かと云ってただ黙って耐えるのも辛いし、という、なんとも厄介な痛みに現在、わたしは悩まされているのです。
 ・・・・・・なんて、「成長痛」と云ってもわたしの背がいまも伸び続けているわけではなく、痛みを発しているのはわたしの肘です。原因はそう、突きパンチなのです。

 ウチでは、空手の突きの理想は、腕をゴムや紐のような柔らかいもののようにつかい、その先に拳という石ころを結びつけて、それを放るように突くことを云いますが、これに近いことを日頃からしようしようと稽古していると、ある時点から、飛んでゆく拳に引っぱられて腕が伸びきる感覚を得ることができます。現にそんなときは、肘がパキッと音を発します。腕がいっぱいいっぱいに伸びきっているのです。
 こんな突きができるようになると、肘が痛くなります。それまで精一杯伸ばすということをしてこなかった部位がバスッと引っぱられるのですから、こりゃ痛いわけです。
 わたしもかなり前からその痛みを感じるようになりました。痛くなるのはきまって右肘。右利きですから、当たり前といったら当たり前なのですが、突きのレヴェルが上がるたびにその痛みと附き合わなければならぬため、これもまたちょっとした修行であったわけです(ここから私はこの痛みを「武術的成長痛」と呼ぶようになりましたひらめき)。

 しかし、どうでしょう。現在わたしを悩ましているのは右肘の痛みではありません。

 いま痛いのは左肘です。こんなことは初めてです。もしかしたら左の突きがレヴェル・アップしたのかな・・・・・・なんてことを想えば嬉しくもなりますが、たしかなことはわかりません。判明していることは、その痛みがいっこうに消えないため、其場突きさえ満足に稽古することができないふらふらという現状のみです。

 札幌支部の門弟諸君はそんな痛みを感じたことはないかな?あまりありすぎても困るけど、まったくないのも考えものです。自分の躰に訊いてみてください耳耳

 明日は雨で、まーたジメジメするそうです。もうすでに外がバシャバシャいっています。
 今夜は寝苦しそうです。
posted by 札幌支部 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月16日

武術と実戦

 武術をはじめる動機にはさまざまなものがある。健康のため、美容のため、最近治安がわるいから、護身のために、喧嘩に強くなりたい、虚弱体質を改善したい、などなど。おそらく札幌支部に集まる門弟諸君もそういった理由のいくつかのために、日日しんどい稽古を続けているのでしょう。
 かく云うわたしも、最初はあまり真面目とはいえない動機で武道の修行へ入りました。あれは高校生のころだったなあ・・・・・・。
 あっ、挨拶をわすれてました。こんばんは、裏部長です。すっかり想い出に浸ってしまって自分の世界に入っていました。
 今日はそんな、みんなはあまり聞きたくはないような私の武道遍歴をスタートに、武術と実戦性について書いてみましょう。

 私がはじめて武道とか武術というようなものに興味をおぼえ、実際に稽古をするようになったのは中学生のころ。始めたのは少林寺拳法(日本のやつ)です。動機は、なんともお恥ずかしい、幼いころからよく観ていた香港映画、つまりカンフー映画でした。身軽に、華麗にとびまわり、眼にも止まらぬ蹴りや突きをくりだす映画のなかの武術家たちにあこがれ、彼らがやっているもの=少林寺拳法だという安易な考えをもって近所の児童会館でやっている道場へ入門したのです。
 しかし、これは一年ももちませんでした。同じく中学からはじめた学校での部活のほうが忙しくなってしまったため、自然フェイド・アウト式に稽古へは顔を出さないようになりました。
 わたしの武道熱がふたたび燃え始めたのは、高校へ入るか入らないかというころ。きっかけはまたも映画。憧れたのはスティーブン・セガールです。彼は合気道をはじめ、空手や剣術など、日本の武術を修行し、それをどうにかこうにか映画のアクションに活かそうとしているハリウッド俳優で、私は彼の『グリマーマン』という映画を観てすっかりファンになってしまったのです。
 そう、今度は合気道です。高校入学と同時に、札幌合気道会へ入門しました。これは長くつづき、大学三年になるまでやっていました。
 大学三年になるとき、わたしは合気道で初段をとりました。いわゆる黒帯です。かねがね考えていた計画に従い、わたしはさらに合気道を深く理解するため、合気道以外のことも稽古したいと欲しました。
 それならば合気道っぽいものじゃないほうがいいだろう。私はそう想い、空手のような打撃系武術と、同じヤワラでも古流の柔術(「○○流」と名乗るような)の道場を探しました。しかし、これがあまり無い。特に北海道内にはほとんど無いのですね。わたしは悩みました。

 そんなときです。ふと見た母校(札幌大学)のHPで、瀧元先生のことを知ったのは。師匠は空手もやってる古流の柔術はやってる、剣も杖も棒も半棒も・・・・・・といった具合に、私にとってはこの上なく好都合なひと、だったわけです。

 紆余曲折を経て、わたしは現在のこの空心館札幌支部裏部長の座(?)に至ったわけですが、その修行のなかにあって常に考えていることはただひとつ。
 それは、その技が実戦につかえるか、ということです。なんだかんだと云っても、いざというときに使えないのであればどんなに綺麗な型もわたしにとっては無意味です。精神を鍛えるため、だとか、健康のため、だとかいう理由でわたしは武術をやりたくない。これには他の門弟諸君も賛同してくれることでしょう。
 やはり護身術にならないといけない。だから私は空手や柔術など、素手でおこなう武術が好きです。ふだんの生活のなかでそれらをどうやって使ったら身を守られるか、そんなことばかりを考えて生きています。

 さて今夜のテーマは「武術と実戦」です。師匠から伝えられている技の数数はすばらしいもので、修行者のレヴェル次第でいかようにも実戦に応用できると想っておりますが、それはさておき、実戦とはどういうものでしょうか。
 街なかでのカツアゲ、喧嘩、酔っ払いにからまれる、通り魔や引ったくりに遭う、女性のかたはチカンにあう・・・・・・それらのときに私たちの持っている武術的スキルが活用できるか、ということはまたの機会に譲って、もしそういった場面に陥った場合、こういった対処法があるそうです。

 相手が武器を持っているとき、たとえばそれが刃物のような短いものの場合、こちらはベルトや棒などの長柄をつかい、また相手の武器を持っているほうの腕や手を取ろうとしない。こちらの手は反撃につかうべく出さず、攻撃は躰さばきのみで避ける。十分に間合いをとる。
 もし長い武器を持っている相手には、さらに十分な間合いをとって、こちらはボールペンなどの短い、手に隠れるような武器をもつ。そして、あいた間合いに飛び込んで相手の弱い部位(眼や喉など)を刺す。

 つまり、十分な間合いと、不用意に手を出さないこと。できれば日頃からボールペンなどを持ち歩いていればそれで十分に護身用具の役割は果たせます。また刃物をもつ相手には手の甲を見せないようにしましょう。手の甲を斬られてしまうと腱が切断され、手自体がつかいものにならなくなってしまいます。これは海外の傭兵たちがならう構えの常識です。

 ああ、なんとも無計画にとりとめもない文章を書いてしまいました。わたしも現在、武術と実戦技術の関係やその研究を勉強中のため、こんな有様になってしまいました。まあ、覚え書、のようなつもりで読み飛ばしておいてください。

 明日からはもっときちんとしたものを書くつもりです。裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月15日

小さなことからコツコツと

 どうもどうも、御晩です。裏部長です。ようやく夏の暑さも落ちついてきて、過ごしやすい今日この頃ではありますが、みなさま如何お過ごしでしょうか。
 さて、昨夜までは長ーい、長ーいわたしのBlogに面喰って、札幌支部の部員ほとんどが沈黙するという事態に陥ってしまったため、今夜はことば少なに、以前聴いた師範のお話を載せるだけにしておきましょう。

 それはまだ師範が学生のころの話。空手部に入ったばかりだから、政彦少年の腰には白い帯、諸先輩方は茶帯なんぞを締めております。その階級の差を見てもわかるとおり、新人の彼と先輩たちとのあいだには実力の差があり、組手などをするとまるで相手になりません。政彦少年も負けん気を見せて頑張りますが、やはりキャリアの差。そうそう簡単には歯が立たない。
 冬。ちょっとした理由で、冬の期間(たしか冬休みの間だったとおもう)は師範や先輩方が稽古に来ない。よって特殊な稽古はできないわけだが、しかし政彦少年のような熱心な生徒は来る。寒かろうが雪が降ろうが来るわけで、来て、数名が集まればやはり動きたくなるでしょう。
 この師範不在の冬のあいだ、政彦少年たちは其場での基本稽古と型ばかりを修行しました。ほかにすることがないので、馬鹿のようにただそれだけを続けたのです。ときどき「今日は蹴りの本数を増やしてみよう」とか、「今日は突きに絞って稽古してみよう」とか、その日ごとにテーマを決めて稽古したりもしました。
 そして、冬が終わり、訪れた春。師範がもどってくる、先輩たちも稽古に来る。通常の稽古の終わりに、またあの組手がはじまる。
 と、どうしたことか。数箇月前まではまるで歯の立たなかった先輩たちの攻撃がウソのようによく見える。捌ける。反撃もおもしろいくらいに決まる。この間、政彦少年は基本稽古と型しかやっていなかったのに、それだけでこれだけの成果が出たのです。
 そのうち、あっという間もなく、政彦少年に敵う部員はほとんどいなくなりました。そのときからの印象が、現在も師範をしてこう云わしめているのです。

「基本と型。これさえやってりゃ間違いなし!」

 どんなもんでしょう。私はこの話を師範ご本人から伺ったときは、自分の自主稽古に光を見た気がしたものです。なんだかんだと云って、札幌支部の門弟たちも自宅での稽古というものをしたことがあると思いますが、上記の話を忘れず、これからも励んでください。其場突きだけでもいいんです、型の復習だけでもいい。特別なことは必要ないんです。ただ、いつも稽古でやっている地味な動作の反復だけでよいのです。

 小さなことからコツコツと、です。大学でやる稽古の場では、自主稽古で養った動きの成果を試すくらいの心持がほしいものです。そうやって自分自身を駆り立てることと、不用意にプレッシャーをかけることは違います。適度に自己を叱咤して、これからも充実した稽古にしてゆきましょう。
 出来れば毎日、これくらいの文量にしたい裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月14日

藤谷派糸東流拳法空手道紹介A「突き」

 はいはーい、裏部長ですよ。このBlogもようやく少しづつではありますが賑わってきましたね。慾を出せば、もちろん部外のひとにも読んでもらいたいけど、部長も云っているとおり、やっぱりまずは札幌支部のみんなに書き込んでもらいたいな。どんなことでもいいんだから。別に武術に関することでなくても、その日に会ったひとのこととか、友達といっしょに行った場所のこととか、これは「日記」だからね。そんな他愛もないことでいいんです。くだらないことでもいいんです。どうでも良いことから会話がはじまり、それが輪になってゆくのですから。

 さて、今週いっぱいは稽古もないので、この間に当支部において修行している各流派について説明しておきましょうね。ちなみにここで紹介する事柄のほとんどは、現在わたしたちと共に稽古している門弟たちにとっては周知のことばかりでしょうが、あくまで部外の方にもわかるように書きますので、復習程度に読んでおいてください。


 日本武術研究所空心館はその本部道場を栃木県におく、比較的ちいさな組織である。創設者で、初代所長の藤田西湖(1900〜1965)甲賀流忍術十四世、つまり本当の忍者であった。幼少期より、同じく忍者の祖父(十三世)からさまざまな術を学び、またその人生のなかでは、南蛮殺到流大円流杖術一伝流捕手術などを修行し、その師範となった。
 藤田のもとには数数の武術流派の資料やら巻物やらが集まった。伝書類は太平洋戦争の戦火にも焼かれず、無事に戦後を迎えたため、彼はそれらを世に出す使命をおのれに感じ、その出版組織として日本武術研究所を設立した。現在、古書屋や一般の書店において、「藤田西湖」の名で販売されている武術関連の書物は、その出版活動の成果である。

 藤田の弟子のなかに、藤谷昌利がいた。彼の経歴については過去のBlogに書いたのでそれを参照してもらいたい。
 藤谷は藤田につき、さまざまな武術を稽古した。また糸東流の空手も修行した。のち(ここからは記憶が定かではないため、誤っていたらあとで師匠に補修してもらいたいが)、武徳会において空手部と古武術の部がわかれるに際して、古武術のほうを「体道」と証し、藤谷はその両方の責任者を兼ねた。
 途中に名前だけの人間がひとり入っているが、藤田から正統な教えを受けた藤谷は、日本武術研究所空心館三代目所長に就任。その弟子に現在の師範、瀧元昌嗣(本名「政彦」)がいる。

 瀧元政彦(1946〜)は学生のころに、友人につき添って学校の空手部へ入り、その後はすっかり愉しくなってしまい、谷派糸東流の空手を修行していた。その組織のなかに藤谷がおり、そこに少しづつ師弟関係が築かれてゆく。藤谷派を名乗るようになってからも、体道の稽古をするようになってからも、政彦の師範に対する忠心は変わらなかった。
 藤谷が死するとき、全日本体道連盟師家(師範の座をつぐ者)として、組織のなかでは若い立場にあった政彦を指名したのもその関係があったからであろうか。古参の人間たちは異議を申し立て、どんどんと組織から去っていったが、政彦は亡き先代の想いを引き継ぎ、空手のほうは師家を継がず、体道のみの責任を受けついで現在に至っている。
 われらが瀧元誠樹はそんな現師範のご子息である。


 私たちが修行している空手、「藤谷派糸東流拳法空手道」を紹介するには、やはりその稽古内容をご紹介するのが手っ取り早いでしょう。そこから同流の特徴が見えてくるはずです。


 まず基本稽古(其場基本、などともいいますね)。全員その場から動かず、一定の立ち方(ウチでは内八字立ち)でさまざまな動きを稽古します。

 其場突き:左右の拳でもって、ちょうど自分のヘソの前あたり(中段)へ交互に突きます。部長がいちばん好きだと書いていた、あの其場突きです。われわれの道場ではこの其場突きは稽古のはじめに必ずおこなう動作で、すべての技の根幹をなしていると云っても過言ではないほど重要なものです。動作自体は初心者も師範もおなじわけですが、躰の使い方、呼吸や腕、腰、膝の意識など、その質やレヴェルは各段階によってかなり違います。見るひとが見れば、この動きだけでそのひとの腕前が判ってしまうことでしょう。

 前蹴り:これは基立ち(半身になり、片足をさげて構える)。まずは両足それぞれを高く振り上げる動作をし、膝を腰前へひきつける動作をし、それから前蹴りを蹴ります。おもに行なうのは中段。上へ蹴り上げるのではなく、あくまでも前方にいる敵の躰を前へ蹴り刺すように動かします。

 受け四種:ただ単に「受け」とも称します。前屈立ちになり、下段払い・外受け・上段受け・内受けの四種類を、続けて稽古します。ここでの立ち方は足腰の鍛錬にもなります。

 廻し蹴り:前蹴り同様、膝のひきつをやってから蹴ります。つかう足の部位は前蹴り同様、足の裏の親指のつけ根あたり(上足底)で、決してK-1などでやっているような、足の甲で蹴るようなことはありません。こうすると、相手がただ構えているだけでその脇腹に蹴りが入りませんし、なおかつ甲にはツボがあるのです。蹴るたびにこちらも痛くなるのでは堪りません。だから上足底で蹴ります。こちらもおもに中段のみ。

 刻み突き:また内八字立ちにもどって、両手を胸のまえに出して構え、そこから自分の顔(顎)の高を突きます。ここでは力まず、なるべく脱力して、腕の伸びを活かして突き、腕が伸びきったその反動で拳をもどすようにします。

 裏拳打ち:同じ立ち方、同じ構えから左右の顔の高さへ裏拳打ち。ここでも腕のスナップを利かし、拳をもどすのではなく反動で戻ってきてしまうようなイメージで稽古します。

 横蹴り外八字立ほどに立ち、横へ構えて足刀で蹴る。膝の高さや腰の高さなどに蹴りわける。

 一応ここまでが基本稽古。これらのほかにはたまに、手刀打ち(二種)、掛け受け打ち落とし振り突などの動作も稽古するが、ベイシックなものとしては上記のメニューが不動になっています。
 ここから今度は「移動稽古」。右足を出して右拳(同側の足と拳)で突く追い突き、その逆(たとえば左足と右拳)の逆突き、これらを上段・中段と続けて突く追い突き・逆突き、それにツー・ステップを入れる・・・・・・など、其場の基本稽古でやった内容を今度はうごきながらやるわけです。コンビネイションのなかに蹴りを入れることもあれば、たくさんの動作を畳み掛けるようにおこなう、通称「五連続」なる動きもあります。

 そして約束組手。われわれの道場では自由組手とか試合のようなものはしません。何故しないかって、まあ、する必要があまりないから、ですかね。これに関してはおいおい詳しく書きたいと想っていますが、つまり段階の問題もあるでしょう。競技をメインとしている空手組織(たとえば学校の空手部など)では、とにかく試合に出てもらわねばならぬため、ズブの素人でも入ってきたらすぐに組手をやらせますね。基本もなにも出来ていないのに、とにかくグローブをつけさせるわけです。ウチらのように、やれ突きはどうだの、やれ受けのこうしなきゃいけないだのと、細かいことを云っていたのでは時期が遅れてしまいます。それはそれで当然の方法です。
 しかし、私たちがやっているのは武術としての空手ですから、明日にでも試合に出られる人間になる必要はないのです。とにかくグローブつけてバシバシ叩き合う必要はないのですね。日本における中国武術の第一人者、松田隆智さんが興味ぶかいことばを紹介されています。
 中国にて、他派の武術家が連打連撃、奮迅跳躍するような組手をおこない、実戦練習をしているころ、八極拳をまなぶ者たちは、明けても暮れてもひたすら馬歩による稽古(同じ立ち方でじっとしているだけの稽古)を続けていた。心配になった修行者のひとりが、「老師、私たちは彼らに勝てるでしょうか」と問うた。これに、あの劉雲樵先生はただひと言、こう答えた。

    「木魚の連続音は、梵鐘(寺の鐘)の一撃音で消える

 まさに云いえて妙です。私たちの修行しているその理念そのものと云ってもよい、素晴らしい言葉です。
 つまりそのようなワケで、われわれは試合をせず、攻撃側の動作を決めてからおこなう約束組手をその組手のメインとします。その内容はいろいろとありますが、終始一貫しておこなっているのが、中段追いです。
 何故この追い突きか、といえば、それは変化がしやすいからです。稽古としては相手の水月めがけて、全身全霊でとびこみ、突きを放ちますが、腕があがってくると意識せずとも腰がもどり、それに引っぱられて突き手が引かれ、同時に逆の手が前へ出ます。つまり二本目の突きにつながるわけで、ここまでくると、一本突くということがすでに二本の攻撃になってしまいます。
 空心館ではこの中段追い突きをとても重要なものとして捉え、稽古しないことは稀です。もっといえば、初心者からヴェテランまで、寝ても醒めてもこの追い突きばかりです。好い加減、飽きるほどです。
 しかし、興味ぶかいデータがあります。空心館で組手といえば約束組手、それもこの中段追い突きくらいしか稽古していなかった門弟と、習いはじめから自由組手をやらせている競技空手の選手では、もし経験の年数がおなじであればあるほど、そこに雲泥の差が見えるそうです。実際に彼らを相手にしてまったくヒケを取らなかった諸先輩方をわたしは何人も知っています。
 それだけに奥が深い。とても深いのです。ですから私たちは、明日も明後日もこの追い突きを稽古するのです。これにいま苦しんでいる有望なる後輩・S呂にもそれを強いるのはそのためです。これが扱えるようになればたいしたものです。格段にそのレヴェルは上がることでしょう。

 稽古の最後はです。各段階に応じた型を稽古します。馴れてきたらその各動作を約束組手風に、分解して稽古もします。

 とまあ、こんな感じで毎日われわれは汗を流しているわけですが、その内容から、もうその特色はわかりましたね?
 そうです。空心館では、メインは「突き」なのです。それも追い突き、その精度をあげるのは其場突です。これが核になっています。本当に、寝ても醒めても、です。蹴りもやらないわけではありませんが、技術としてはすこし高度なものなので、門弟たちのレヴェルがある一定度に達しないうちはあまりやりません。また実戦的にも、多く用いることのできる手段は「突き」です。だから、どうしても突きの動作が稽古の大半を占めてしまいます。

 ああ、気づけば長長と書いてしまいました。べつに私もヒマなわけじゃないんだけど、書き始めると止まらないもので・・・・・・。みんなもヒマなときでいいですから読んでおいてください。
 さて、明日からは体道のほうも紹介してゆきますが、これは部長も書いているとおり、札幌支部のみんなは書き込みなさい!そして出来れば、なにか質問などを書きなさい!なんか一方的に書いているのも疲れます。わたしが知っていることであれば何でも答えるので、訊きたいことがあったら遠慮なく訊いてください。せっかくのBlogなんだから、相互的なものにしようよ。そのうち私のネタも尽きちゃうんだから。

 ではまたあした。ひとり淋しい裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月13日

「不可は不能ではない」

 言葉がまったく力を持たない瞬間があります。それは、受けとる側の人間に、その言葉を受けとる余力のないときです。「死んだって何も始まらないじゃないか!」「ご両親が悲しむよ」「現実の苦しさから逃げるつもりか」etc...これから自殺しようとしている若者たちにそれらの説得がほとんど効かぬように、人間にはあるとき、自分のまわりがまったく見えずに、他者の言葉さえも聞こえぬ瞬間というのがあるのです。

 しかし、その反対もあります。つまり、「ことば」しか頼りにならない瞬間です。人間は強い部分と脆弱な部分を合わせ持っています。少しの加重でフラフラと揺れる桟橋のように、微妙なバランスをとりながら生きていますから、ときにはボロボロになってしまうこともあります。悩み、葛藤、出口のない暗闇。まるでゴールの決められていないマラソンを走らされているかのようなその苦しみは、実際に陥った人間でなければわかりません。屈強なアスリートたちも、「○○km先のあのゴールまで走れ」とその距離が設定されているからこそ完走できるのであって、「基本的にゴールは決めてないけど、とにかく走って」と云われただけならば、決して走りきることはできないでしょう。

 つまり、そこには希望が必要なのです。人間は希望なしでは生きられません。それは「夢」と云いかえても良い。志とも、熱意とも云えるものです。それらが無ければ何人も、たとえ一日たりとも生きられない。
 その希望はときとして言葉に託されます。問題がある、その解決方法も知っている、それをするためにいま何が必要なのかもわかっている、しかし出来ない・・・・・・という苦しみのなかにいる誰かに対して、与えられるのは希望をふくんだ言葉だけなのです。

 そこで私は今日、このBlogを読んでくれているすべての人のなかの、現在あることに悩み苦しんでいる方方へこのことばを渡します。

             「不可は不能ではない

 三国志に出てくる言葉です。「人間ができないと想っている大半のことは、実は本当にできないのではなく、ただやっていないだけである。出来ぬからできない、のではなく、やらぬからできないの」。
 思えば私たちの、その毎日の生活のなかで、どれほど勝手に「不能」だと決めつけ、諦めていることがあるでしょうか。判断するのはいつも自分であるから、いくらそこに改善の余地が見えていても、続ける苦しさを想って、「まあ、これくらいでいいか」と見切りをつけてしまう。そんなことが、顧みればたくさんあるような気がします。

 挨拶が遅れてしまいました。こんばんは、裏部長です。今日から当支部もお盆休みへ入り、稽古は一週間ほどないので、稽古報告以外のことを書こうと想ったのですが、たまには少しカタく、こんな話を書いてみました。
 人間、たった一行の文章や言葉だけでも、そこから生きる力を得るものです。わたし自身は人間的にも、武術をやっている修行者としても甚だ未熟で、稽古のなかで悩んでいる後輩たちに対しても、満足なアドヴァイスをしてあげることができません。教えてあげられるのは師匠からの受け売りと、そしてこんな小さな言葉くらいです。
 少しでも彼らの助けになればと、そう願っています。

 では最後に、日本伝天心古流拳法居取之位の目録、いわゆる「切紙」のなかにおいて、日本武術研究所四代目所長であり、現師範である瀧元昌嗣師範よりいただいた歌を最後に紹介して、今日のところはやめておきましょう。
 これからの修行に、この言葉たちが活かされますように。

 「怠らず 行かば千里の果も見む 牛の歩みのよし遲(おそ)くとも

 裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月12日

稽古は口伝なり。

 おばんどすえ、裏部長どすえぇ〜。今夜は京都風にしてみました。今ごろ京都は暑いんだろうなあ。ホラ、あそこは盆地だから。夏はたいへんですよ。地獄のような暑さになる・・・・・・ってTVで云ってました。現在も残っている「町屋」にはそのような気候に対応するいろいろな工夫が施されており、先達たちの生き方を学ぶことができるそうです。
 加えて京都は冬もつらい。寒いってもんじゃない。まるで凍てつくような寒さ・・・・・・らしいとTVが云ってました。
 京都はどうして、夏暑く冬寒いか知ってる?わたし?もちろん知ってますよ。
 盆地だから。

 さてさて冗談はそのくらいにしておいて、本日も稽古があったので、そのご報告をまずはやってしまいましょう。


2006年8月12日(土)晴れ。気温はさほど高くなく、風もある。爽やかな日和である。
 午後二時半、札幌大学1001教室にて空手の稽古。参加は有望なる後輩のS呂のみ。師匠は昨日までのモロモロの用事のせいで、全身筋肉痛、疲労困憊のご様子。
 基本は其場突きから横蹴まで。手廻しをし、其場での受け捌き、それに逆突きや前蹴りの反撃をくわえて動いてみる。
 約束組手。主に上段への刻み突き、およびそれに逆突きをくわえた所謂「ワン・ツー」とこれに対する受け技を稽古する。また、ただの逆突を、手を添えただけで止めたり、掌底と指先をつかって軌道をはずしたりといった、繊細な技もやる。逆突きも、腰の回転で突くのではなく、前へ前へという動で突くようにする。突きとは最後、相手に当たりこちらの拳が返った瞬間を云う。そこまでは引き手を引かない。今までは引き手を引いてから突きを出していたが、これからは変える。
 吸う息、吐く息を利用した追い突きを師匠に見せてもらう。私もS呂もその威力とスピードに、苦笑いしか出ぬほど圧倒される。
 最後に型。「腕秀」をやって終了する。


 今日のこの稽古報告を見て気づかれたことはないだろうか。
 そう。昨日までの稽古報告とくらべて、書き方が支離滅裂、整っていないのだ。読みくらべてもらえればよく解るはずだ。昨夜までのは、何をやってそのあと何をやって最後に何をした、という流れが明確に書かれているが、今日のはそうではない。
 これは何故かといえば、そのように整然と書くことが困難なくらい、内容の濃い稽古だったから、ということに尽きる。いやあ本当に、今日は学ぶことが多すぎるほどにあった。
 例えば約束組手の冒頭でいろいろとやった刻み突きへの受け技。最初は前手をひらき、その指先(おもに人差指)を相手に向けた状態から、その方向角度を変えずに回転させ、相手の突きをはずして反撃に移る動きなども、こうして順序だけ書くことはできるが、そのなかで与えられた教えはほとんど書くことができない。すべては感覚的なものだからだ。
 もちろん師匠が云った言葉そのものを記すことはできる。「突きは最後、拳を返すところだけを云う」とか、「捌くこちらは動かぬ石、相手はそこへ流れてきた小川だ。自分はじっとしていても向こうは勝手に外れて流れてくれる」とか、それらは日本語であるから、一応はたれでも理解はできる。しかし、これらの言葉や報告に書いた技の動き、その要点については、今日の稽古に関してはわたしとS呂しか、その本当の理解を得ることはできない。

 稽古は口伝であると思う。口伝とは、その字のまま、「口で伝える」技術である。口伝えであるから当然、その場にいた人間しか教わることができない。その内容を文章にして書籍化しても、実際に習った人間とは理解の深がちがう。これはどうしようもないことであるが、それを今日のような稽古で実感すると、改めて自分たちのやっていることが藝事のひとつであるということを思い知らされる。
 しかし、口伝の怖さは、それら教授されたものは記録に残されるのではなく、あくまで記憶、身体の感覚に残されるということだ。人間の感覚というものほど不確かなものはない。その日の体調その日の気分、そんな些細なものによっても左右されるわれわれの感覚でおぼえた技術を武術においてはすべてという。本当の意味で躰にしみついたものこそ、咄嗟に出てくる技となるのだ。

 そう考えるとやはり日日の弛まぬ稽古、技の研鑽というものが大切におもわれる。一度おぼえたあの感覚を忘れぬため、何度も何度も稽古して身につけてみたい。どんなに苦しくとも、それが武術であるというのなら。
 それが全てであるというのなら

 来週一週間はわれわれもお盆休みということで、稽古はナシ。再開されるのは21日からだ。
 躰と感覚が鈍らないよう、今日からわたしも励まねば!
posted by 札幌支部 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月11日

論理は続くよ、どこまでも。

 はいさーい、裏部長だよ。毎日毎日あんまりにもおなじ書き出しじゃ飽きると思って、今日は沖縄風にあいさつしてみました。沖縄の方、別にふざけてるわけじゃないから怒らないでね。
 ここ数日はTVでも台風のニュースをやってたけど、北海道の夏はそんなことお構いなしといった感じですっかりご陽気。適度に風もふく、心地よい夏日が続いております。
 さて今日は師匠が不在ながら一応は稽古をしてきたので、まずはそのご報告からいたしましょう。


2006年8月11日(金)晴れ。裏部長、不覚にもすこしだけ夏バテ。
 午後二時半、札幌大学一号館一階談話室にて後輩たちの到着を待つが、いっこうに誰も来ない。師匠は不在であると知っていたから、もしこのまま一人も来なかった場合、私はトボトボとさびしく帰ってしまえばいいのだが、その見極めがむつかしい。なにせ遅刻してくるやつもいるからである。

 二時四十分すぎに、S浦が来る。彼は中国拳法のひとで、今は太極拳(北海道代表にも選ばれた)をメインにやっているが、長拳八極拳形意拳などさまざまな中国武術に精通している青年である。私どもの師匠とは縁あって数年前から交流し、今では札幌支部の一員でもある。
 彼と談話室で文字どおり談話をしていてもそのあとが続かない。まあ二人で稽古してもいいのだが、できればもう一人くらいほしいと慾を出し、もし三時までに来なかったら今日はナシにしてしまおう、と、すっかり怠け癖を出してしまう。
 三時、案の定たれも来ず。S浦が出場した武術大会のDVDを持参しているというので、パソコンのある六号館へ行って見ようということになり、私たちは一号館を出た。
 しかし六号館はどこもかしこも鍵がかかっていて入れず。路頭に迷うかたちでそのまま中央棟までもどる。
 このとき、遠くからあの有望なる後輩・S呂くんが駆けつける。訊けば稽古に対する意慾が見えたため、そのまま教室へもどる。

 開始は三時半。テキパキとやる。
 其場での基本は前蹴りまで。手廻しをし、その技の確認をし、昨日のBlogに書いた受身の話をし、それから約束組手へはいる。
 利き手による中段追い突き。S浦は八極拳の勢いと太極拳の突を融合させたような動きで、なかなか良い。素早く動けているのは無駄なところに無駄な力を使っていないためで、日頃から套路(型)をしっかりやっている賜物であろう。
 一方のS呂はガマンの稽古。彼はもともと松濤館流の空手をやっていた。ここに詳しくは書かないが、いろいろな事情を経て、今は私どものところで修行をしているが、キャリアとしてはそちらの流派のほうが長いため、癖というものがどうしても抜けない。それが活かせるものであれば別に良いのだが、残念なことにそのほとんどがウチの空手としては障害になってしまう。
 だからいろいろと補修をしてゆくわけだが、彼の場合、特に突きにいろいろと葛藤が生まれているという。突きそのものは云うに及ばず、その出発点である構え自体にも矯正の手を加えているから、彼にしてみれば違和感のあることばかりだ。
 しかし、成長が停滞しているわけではない。彼はあきらかに成長している。変化がそこに見える。今はガマンをつづけ、蔭ながら励まし続けて、その感覚をつかんでもらうしかない。
 五時、終了。いろいろと話をして散会とする。


 S呂がやってきた空手にはたぶんに競技の色がある。例えば、右足を前方へ踏み出しながら右拳で突く「追い突き」。われわれは相手の水月(鳩尾)へ攻撃するため、全身の威力をそこへ集中させるべく、踏み出す足を相手の構えの内側へ入れるが、彼は外側に出していた。そう習ってきたし、そのほうが力いっぱい突けるという。つい先日も、自分はそのやり方のほうが巧くできそうだから変えてもいいかと提案されたことがある。
 これには私もいろいろと考え、師匠と協議をしたうえで正式に回答をしたが、彼がそう考えたのも無理はない。筋道を立てて論理的に考えているつもりでも知らず知らずのうちに私見私慾がまじり、論理が暴走してしまうことがよくあるのだ。

 その最たる例は空手の歴史そのものであろう。空手はもともと琉球(沖縄)にしかなかった。明治以降、本土へ伝わり、大学の空手部を中心にして爆発的に普及してゆくわけだが、ここでその稽古方法もしくは試合方法にちがいが出てくる。
 つまり一方では、空手はをもとにして修行し、拳を鍛え、突くことを日日稽古しているもので、その攻撃力は計り知れない。いくら防具をつけたところで、ルールを拵えたところで、試合でやりあっては危険である―――だから「寸止め」にしよう、ということになった。その流れが現在の競技空手スポーツ空手の流れである。
 それとは逆の道を進んだひともいた。上記の流れを見て、空手は敵を倒し自分を守る術だ、相手を倒す技術を学んでいるのにその成果を試す試合の場で寸止め、当てずに勝敗を決めるなどとは言語道断、ぜひにも実際に当てる直接打撃制のルールをつくり、相手をきちんと倒せた者を勝者とするようなトーナメントを行なおう―――これがいわゆるフル・コンタクト系、極真カラテなどに代表される流れである。

 これら二つの流れはいづれとも論理としてはまったく間違ったものではありません。いわゆる筋道というものが通っています。
 寸止め空手のほうは、その技術が殺傷性を持っているから当てる試合はできない、しかし修行の成果は試してみたい、よって当てずに勝敗を決めるルールを作ろう、と考え、フルコンのほうはそれを受けて反撥し、実際に当ててみなくては成果がわからんだろうと、当てるルールを採用した。どちらも誤ってはいないのです。
 しかし、論理は暴走するものです。出発点こそ正しかったものの、その後の両者はすっかり当初の姿を失ってしまいました

 寸止め空手は、どこの部位にどの攻撃がどのような精度で入ったか若しくは入っていなかったかを審判が判定し、ポイントを与えてその勝敗を決します。つまり、実際に当てて倒してしまってはいけないし、寸止めをしつつも「きちんと突きました!」「バシッと蹴りましたよ!」とアピールをしなくてはならない。だから異様に大きな声を出す。入った、ということがよく見えるように大げさな動作をする、ボクサーのようなステップを踏む(武術としてリズムを取ることは決してやってはいけないことのひとつ)、武術的に攻める理論がありませんから、などせず、ほとんど相打のように攻撃をしかける、躰が居つ・・・・・・。
 フル・コンタクト空手は、当てることがメインになってしまった。とにかく当てて相手を倒せばそれでよい。つまり、空手でなくても良くなったわけです。空手の純粋な型に含まれる技やその威力をメインとせず、あくまでも試合におけるどつきあいでその強さを測るため、攻撃力をアップさせるためには筋力トレーニングをする、筋肉を鍛えて攻撃力をあげようとする、身体的にも優れている外国人選手が台頭してくる、当てては危ないというので金的蹴りや顔面への突きがルールで禁止される禁止されたら攻撃される心配がなくなるのでその部位を守ることをしなくなる、空手の構えが消えてゆく、あるひとはボクサー風に構える、あるひとはまるでムエタイの選手だ・・・・・・。

 論理は暴走するものなのです。本土に空手が渡ってきた当初、若者たちはみんな純粋なる向上心でもってその稽古方法を模索しました。彼らのなかには共通の、「空手をもっと巧く」という想いしかなかったはずなのです。それが、ちょっとした考え方のズレが生じ、それがエスカレイトして現在のようになってしまいました。安全性を第一に考えた寸止め空手は、空手の武術を失わせ、ポイントを奪い合うスポーツになりました。実際に殴りあうフル・コンタクト空手は、空手の持っている殺傷力を全面に押し出そうとして、かえって空手らしさを失ってしまいました。

 このような暴走はわたしたちの日常にも潜んでいます。自分ひとりでは判断できないことばかりです。そんな不安に耐えて優れた技法を伝えてくれた先人たちのように、私たちもゆっくりと歩いて行きたいものです。
 夏バテではなく、ただ単に寝不足だったと気づいた裏部長でした。 
posted by 札幌支部 at 23:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月10日

受身って、なに?

こんばんは。すっかり御馴染みの裏部長です。今日の札幌は、まあ暑いことは暑かったけど風も吹いていて久しぶりに爽やかな夏でした。やっぱり北海道の夏はこうでないと、ね。
 さて今日は体道の稽古があったのでそのご報告を・・・・・・とその前に、そもそも「体道」とは何であるか、これをご説明しなければなりませんね。

 体道とは、いわゆる「古武術」のことで、云うなれば当団体で修行している種種の古流武術(柔術、棒術、杖術、挫など)の総称といえるでしょう。これを詳しく説明するには、日本武術研究所の歴史とその創設者・藤田西湖についても書かなければならぬため、今日はパス!またの機会に譲るとして、まあ今夜のところは、体道=古武術、くらいの認識で読んでやってくださいな。

2006年8月10日(木)晴れ。
 午後二時過ぎ、札幌大学1001教室にて体道稽古。参加者は部長と大学院生のH(今日からイニシャル表示にしてみます)。
 師匠が四時までにあがらねばならぬため、急いで稽古をはじめる。
 部長は日本伝天心古流拳法免許之位から「打込両翼」(うちこみりょうはがい)を、大学院生のHは同流初伝上段之位から「颪」(おろし)、「小手取」(こてどり)の二本を教わる。
 私は浅山一伝流体術中段之位より「前肩取」「釣鐘」の二本を。
 師匠、四時に早退。残ったわれわれは大学院生のHに合わせて、日本伝天心古流拳法居取之位十二本の復習をしてから終わる。

 表記にするとこれだけの稽古であるが、これが実に濃密であった。というのも、ただ単に各流派の技を教わるだけでなく、そこから見えてきたある問題とその解決理論が、武術というものを考えさせてくれたからである。

 武術を修行されている方のなかで特に柔術関係を稽古されているひとは、当然「受身」というものをやりますね。投げられたり倒されたり押さえられたりしたときに取るあの受身です。前まわり受身や飛び受身など、その名称と種類はいろいろとありますが、みなさんはこの受身という動作をどのように捉えているでしょうか。

 たとえば本日わたしが教わった「釣鐘」という技。相手が腰を落とし、わたしの腰めがけてタックルをしてきます。私が足をさげて逃げぬように太腿あたりをバシッと抱え、一瞬持ち上げるようにして躰を浮かし、一気に頭から地面へ突っ込んでゆく、あのタックルですね。これでくる。
 さあこっちは倒されてはかなわぬ、と瞬時に姿勢を低くし、前傾姿勢になる。相手の動きを下へおさえこみ、動かなくなったときにすかさず金的蹴、その足をもどすタイミングで相手を自分の後方へ投げ捨てる
 これが「釣鐘」という技の流れですが、このとき問題になったのは、投げる捕りの人間ではなく、投げられる受けの人間のほうでした。

 つまり、受けの人間は、タックルして行ったら押さえられて金的を蹴られてそこから投げられることを見てやられて知っていますので、徐徐にその動きを察知して投げられないように動こうとしてしまう。相手の技に反応してしまうんですね。これは別段ふしぎなことではなく、そのひとの反射能力が高い証拠でもありますが、しかしそんな反応変化をしていては稽古にならない。これは古流の型としての稽古で、柔道の乱捕りとはちがいます。相手がこう来たから自分はこう、と変化するものではなく、投げならで、さえなら押さで相手を制さなくてはなりません。相手が投げられたくないばっかりに反応し、型にない動をしたのならこちらもそれに反応して・・・・・・ね?いつしか技はどこかに行ってしまいます

 そこで今夜の課題です。「受身って、一体なんだろう」。
 たしかに昨今の合気道などが抱えている問題、いわゆる八百長のような、きちんと投げられてもいないのに自分から飛んでいってさも綺麗に投げられたかのように見せる行為はいけませんが、しかし黒田鉄山さもおっしゃっているように、「古流の柔術では、自分から進んで受けをとる」ものなのです。
 なぜならば、そうしないと自分の躰があぶないから。さきほどの「釣鐘」、受けは投げられたくない、つまり自分の躰の安全を保持するためにふんばり堪えてしまったわけですが、そう来た場合こちらとしては無理に投げようとせず、相手の背中や無防備な後頭部、脇腹などを攻撃するでしょう。そのうち受けの全身は血まみれになり、血反吐を吐かもしれない。そこまでして、ようやく抵抗の力が失せたところで投げる。武術としてはどこもおかしくない方法論です。
 さて、このとき、あっさり投げられた場合とガマンした場合とではどちらが受けのダメージを喰いとめてくれているでしょうか

 どーんとタックルをする、相手がそれを受け止めたと思うや否や躰をひらき、勢いをそのままに投げ捨てた、このときに投げられていれば、形としては「投げられた」ことに変わりはなくとも受けの躰にダメージはほとんどありません。受身自体がきちんとできていればいるほど左様です。
 一方、投げられまいとして踏ん張り、頑張ったケースではどうでしょう。無防備なあちらこちらを殴られ蹴られ、ボコボコにされた挙句、結局は投げられてしまっています。最終的に相手が受けの抵抗力をうばい、投げたから受身をとった、ではすでにのです。本当なら、死んでいるかもしれません

 また返し技をするという方法論をもって考えてみても、受身をさせられる、のではなく、あくまで受身をとる。受動的にではなく、あくまでも能動的に身を守る動作を心がけることで、受身の動きそのものが相手への反撃になることもあるのです(投げられるときに相手の衣服をつかんで逆に投げる、かわされた勢いをつかって回転し、そのまま相手の背中や頭部を蹴る、等等)。
 そう考えてみると、ヤラセのような「受けてあげる」受身はいけませんが、ある程度であれば自分から受身をとるという意識で動いたほうが、より技の研鑽につながると思うのですが、あなたはどう思われますか?

 これは今日ここに書いた内容ほど簡単な問題ではありません。みんなも考えてみてください。
 裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月09日

たかが二文字、されど二文字(「藤谷派糸東流拳法空手道」紹介@)

こんばんは。裏部長です。いやあ、今日も暑かったねえ。何でも札幌でこれだけ真夏日が続いたのは20数年ぶりだそうで、いわゆる記録的な暑さなワケです。夏は暑くないとはじまりませんが、もうそろそろいいです。

 さて今日は稽古がなかったため、当団体、日本武術研究所空心館札幌支部で修行している空手道流派「藤谷派糸東流拳法空手道」の紹介をいたしましょう。まあ紹介といっても、その歴史だとか、技法だとか、歴代師範の話だとか、いろいろとある面白いネタを書いていては膨大な文章になってしまうため、大事なところを掻い摘んで、小出しにしてアップしてゆきたいと思っています。

 第一回目の今夜は、藤谷派糸東流拳法空手道のおおまかな歴史と、その技法の特徴を少しだけ見てみましょう。

 藤谷昌利(1926〜2000。もとは柔(やわら)の人であった。講道館柔道や家伝の古流柔術を稽古し、修交会を主催する谷長治郎師範につき糸東流をはじめたのが1946年。合わせて同流創始者・摩文仁賢和師範にも師事し、1949年には修交会明石支部を創設し、本格的な空手道修行に入る。
 その後も空手道修行の傍ら、棒術柔術(体術捕手術などを著名な師範たちに師事して修め、1957年4月、谷派糸東流修交会の「師範」を与えられた藤谷は、谷派糸東流「明武会」として独立をする。
 ・・・・・・と、読者の方方は「いつ藤谷派になるんだ」と思われているだろうが、なんと藤谷師範が「谷派」から「藤谷派」へ名称を変更したのは1993年、今から13年前のことなのだ。割と最近なのです。

 上記のものがおおまかな歴史であります。藤谷派では、藤谷師範自身がヤワラのひとであったためもあり、その柔術的な考え方がたぶんに空手の技法のなかにも含まれていて、鞭のようにしなる突崩されにくい体勢軸の安定性などがうるさく徹底されており、相手が空手やボクシングなどの打撃系技法で来ようと、合気道のような、「さあ来い、投げてやる!」と待ち構えるような相手に対しても十分対応できる突きや蹴りをメインにしております。

 さあ、今夜のキーワード「二文字」とは・・・・・・。
 藤谷師範は、自ら教える空手の門弟たちに、
「われわれが修行しているのは、糸東流拳法空手道であって、糸東流空手道ではない。稽古においては、この拳法という言葉について、考えなさい」
 と云いました。
 これはどういうことでしょうか。

 別に故人の宣伝をするわけではありませんが、藤谷師範は1964年に全日本武道連盟総裁加陽宮恒憲殿下から「空手道達士」と「沖縄古武道錬士」の称号を賜るなど、武術家としては隠れた名人であり、晩年、糖尿病のために視力がほとんど失せてしまったころでも、自分へ向かって歩いてくる相手の顔面すれすれのところへ、愛用していた杖の先を向けてぴたりと止めというほどの人物です。
 そんな名人のひとりであった藤谷師範が門弟たちへ云い残したこの言葉は、たとえ他流儀の修行者であっても決して見逃すことはできない、大切なものだと私はおもいます。なぜなら、この教訓がそっくりそのまま、現代における武術事情につながってくるからです。
 先に答えを云ってしまうと、われわれのやっている流儀は、ただ単に殴る蹴るだけではなく、投げや関節技なども含む総合武術としての空手である、ということです。現に糸東流流祖・摩文仁賢和先生の著書にも「拳法」という字はあり、その反面、知ってか知らずか、ほとんどの競技空手道場にはこの二文字がありません。「カラテ」とか「KARATE!」などと表記しているところは論外です。

 たかが名称の問題だろ!と思われる方も多いでしょうが、そのたった二文字の名称に意味を見い出し、価値を見い出し、それに見合った修行をしている人間と、「相手を殴って蹴ってノック・アウトさせればそれでいいんでしょ?」という考え方で躰を鍛え、汗水流して肩で息しているような人間とでは、果たしてどちらが良いでしょう?
 これは優劣の話ではありません。ただの、「」の問題です。

 少し批判めいたことを書いてしまいました。あとで師匠に怒られそうです。しかし、スポーツ空手やフル・コンタクト系のKARATEが全盛のいま、本当に空手らしい武術空手を地味に地味に稽古している若者たちがいる、ということだけは知っていてください。そこにはがあります。生きる意慾があります。綿綿と伝えられてきたすばらしい技術があります。それをわれわれが見つめて受けいれたとき、武術の歴史はさらに続いてゆくのです。

 最後に師匠のことばで私がいちばん好きなものを書いておきます。

       「相対的な強さより、絶対的な技の巧みへ

 裏部長でした。また、あした。
posted by 札幌支部 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月08日

気温三十二度の稽古!!

はい、こんばんは。日本武術研究所空心館札幌支部の裏の部長、略して「裏部長」です。こんな風に略称で書くとなんだか裏ビデオみたいで厭ですが、隠すところはきちんと隠しますのでご心配なく(誰が心配するんだ!)。

 さて本日も真夏日のなか空手の稽古をしてきたので、ひとまずそのご報告をいたしましょう。


2006年8月8日(火)晴れ。最高気温、三十二度を超える。
 午後二時過ぎ、1001教室で稽古。参加は部長のみ。師匠は会議のため欠席。
 基本は前蹴りまで。呼吸を整える意味もこめて手廻し
 中盤から約束組手。まずは手廻しでやった種種のうごきを近間で構えた状態から確認する。この手廻しというのは一見ただの柔軟運動に見えるが、その実いろいろな技になっており、普段はそのあたりの分解をよくしないため、今日はその確認に重点をおいてやってみる。
 続いて、上段への刻み突きとその捌き。構えの前手に注意していろいろと動く。しかし、部長は空心館独自の技法、いわゆる「」をおもに行ない、私もその指導に当たってしまったため、あっという間に時間が過ぎてしまった。
 そのまま中段追い突き。まずは互いに自分の構え(私は右利きのため左手前、部長は左利きのため右手前)で構えた状態からの追い突き。長く深く突くのではなく、短く深く、そして素早く突いてみる
 その雰囲気を残したまま構えを合わせて追い突き。受けはただ横に捌くだけでなく、真っ直ぐうしろへ下がってみたりして相手に技を出させてみる。部長は突きを出すリズムの調節、私は相手の隙をみつけてズドーンと長く突く動をやってみる。
 気づけば型をやる時間なし。そのまま終了。
 今日もアツイ


 さて、この裏部長の日記では、日頃疑問に思っていることや当団体に関する質問などを大募集・・・・・・しています。まあ、それほど集まらないとは思いますが、ずっとわからなかったけど師匠に訊くには及ばないようなことには、この札幌支部の生き字引、裏部長のわたくしがお答えいたします。
 
 また外部から読まれる方のためにも、おいおい、当団体で修行している流派について説明しようかと考えています。
 おたのしみ!!!

 裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記

2006年08月07日

初投稿は稽古報告から

 えー、日本武術研究所空心館札幌支部の裏の部長です。ワケあって名前は明かせませんが、決していやらしい部長という意味ではないので、あしからず。
 われわれのBlogというものが出来たというのに、いっこうに誰も書き込まないので、とりあえず本日分の稽古報告を載せておきます。まあこんなものは、当団体に所属している人間が読んでも、わかりきったことで面白くもなんともないし、また所属していない人たちにしてみれば何のことだかサッパリといった感じでしょうが、なにもアップされていないと、見たひとが「故障してるんか」と思ってしまうので、とりあえずこれからは、稽古のあった日にその内容くらいは書いておきます。

 2006年8月7日(月)晴れ。気温、優に三十度を越す。
午後三時過ぎより、札幌大学1001教室にて空手の稽古。参加は、当支部の部長と有望なるわたしの後輩の二名(本人に確認をとっていないため実名を隠す)。
 大学の講師でもある当支部の師範(以降、本部道場の師範、いわゆる総師範との区別をつけるため、当師範を「師匠」と記す)・瀧元誠樹先生も今日はどうにか間に合う。
 稽古は其場(そのば)基本から。今日は、其場突き、前蹴り、と時間の都合でここまで。
 ここからは師匠と部長、有望なる後輩とわたしが組んで約束組手。今日は近間に構え、躰の逃がし方や、上段への刻み突きとそれに対する受け技各種を稽古する。刻み突きに対しては、前手の捻りで受ける、返しで受ける、返しで受けるに合わせて躰も動かし、相手の逆突きを誘発させてそれを受け捌く、突いてくるのを鷺(さぎ)立ちになってかわす、そこから相手を崩す。
 後半は型。本日の参加者はいづれも現在一級なので、次回の初段補の型である「腕秀」を細かく稽古する。師匠はこれを今週中に切りあげたいようだ。
 四時過ぎ、終了。大学内では、ロシアの国営TVが『北海道警察ロシア課』なるTVドラマを撮影している。ちゃっかり野次馬根性を発揮してから大学を出る。

 以上、本日の稽古報告でした。こんなもんでどうでしょう?

ランキング確認はこちらから人気blogランキングへ
格闘技ブログ
posted by 札幌支部 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏部長の日記