2019年12月29日

受けるつもりで

 こんにちは、裏部長です。

 年の瀬です。札幌はここ数日わりかし天候に恵まれ、雪がすくないので歩道も車道も通りやすく、平穏です。個人的な願いを言うと、あと元日だけでも晴れていてくれればありがたい。初詣のときに、雪と寒風にさらされるのは辛いですからね。

 さあ、令和になって最初の年末です。

 みなさま、いかがおすごしでしょうか。


 札幌支部は去る12月20日、無事に稽古納めをしました。

 まあ、稽古納めと言っても特別なことはなく、ふだんどおりのメンバーで、気負わず、焦らず、ふだんどおりのメニューで終えました。

 いつの日も健康第一、平和が第一です。


 とはいえ、内容としては十分に濃いものがあり、なかでも「浅山一伝流体術一気喰い」には大いに汗をかきました。

 タイトルはいま考えたものです。

 食べるわけではありません。浅山一伝流体術五十六本の技を一気にすべて復習しよう、という試みだったのです。


 これはたのしい試みでした。得るものも大いにありました。

 体道のなかにある技や流派を考えるときに、すべてを一括に、同じまな板の上にのせて、まったく同じ手法で調理するというのはすこし違うのではないか。その技法や伝わり方を見るに、技の原理原則を教えているものもあれば、余白を大きくもたせた上で現在に至っているものもある。前者に関してはあまりいじるべきではなく、その原理原則に忠実に動くことで技の力を会得し、後者においては稽古者や指導者の手で技のリアリティを追求し、改良すべきところは改良してゆく

 そんな風に、すべての稽古姿勢を一様にしないことで、また新たな発見があるのではないか。

 今年の稽古納めでは、そのようなことに思いを馳せることができ、個人的にはたいへん有意義なものでした。


 札幌支部では今年の後半から本格的に刀の稽古をはじめています。これが来年はどうなってゆくのか。体道に関しては上記のように、それぞれの流派や技法を吟味し、それに応じた稽古姿勢を柔軟に採りたいと思うし、それらを貫くためにも空手を見つめ直したい。八月には何やらビッグ・イヴェントもあるようですし、個人としても、一段も二段も向上できるよう稽古に励んでゆきます。

 
 2020年も空心館の武術を愛し、空心館の武術に誇りをもって生きる


 みなさま、よいお年を!

 裏部長でした。
日本武術研究所空心館札幌支部TOPへ
posted by 札幌支部 at 12:53 | Comment(0) | 裏部長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: