2019年09月03日

9月の稽古

こんにちは。

まずは9月の稽古予定について。
6日を除く火曜日と金曜日、18時から21時まで札幌大学内の教室にて行います。
メニューは、養生体操と太極拳、太極剣、空手、体道となります。
21日(土)は、18時から21時まで、武道場にて体道の稽古です。

8月の本部遠征、参加された皆さまお疲れさまでした。
今回も、たくさんの宿題を得られました。
ともかく気づけば札幌に来て15年超、自分自身の稽古がおろそかになっていましたので、できる限り新たなものを修得して帰りたいと心入れ替えている昨今です。

その意味では、今回大日本抜刀法を習ってきたことが収穫でした。
GWにはMが習うのをはたから見て記録していたのですが、自ら動くと身体に記憶が残るのをあらためて実感しました。
とはいえ、体道の稽古のように、随時記録をしなかったので、細かなところで再確認も必要な状況にあります。
資料もいただきましたが、写真や記述に差異も見受けられましたので。
そこは反省点でした。
ともかく、裏部長さんではありませんが、刀を想定した時にみられる身体使いを、本格的にイメージできるようにもなれるよう努めたいです。

似たようなこととして、今回私から紹介した長拳の棍術については、杖術や棒術と違った動きに戸惑われている様子も見受けられましたが、何かしらのヒントになると嬉しいです。


もう一つ、空手の約束組手で行った、逆突き(裏突きや裏打ちと表現した方がいいでしょうか)についても、気づきがありました。
こちらに戻って反芻しながら、裏拳打ちの基本稽古での工夫、構えについての説明原理を一つ思いついたので、次回触れながらより良いものへと進化できればと考えています。
また、あの逆突きに対する技を考える段階に来ているので、これは今後の課題となりました。

お手合わせできるのを楽しみにしつつ、こちらで精進しておきます。





日本武術研究所空心館札幌支部TOPへ
posted by 札幌支部 at 10:56 | Comment(0) | 裏部長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: