2019年01月26日

体はおのずと

 おはようございます。裏部長です。

 そして、みなさま。

 あけましておめでとうございます


 一月もすでに終盤へ差しかかり、新年のあいさつも場違いに思われるようになった今日このごろ、みなさまいかがおすごしでしょうか。


 裏部長は最近あまり大学の稽古へは参加できていないのですが、風邪もひかず、インフルエンザにもかからず、どうにか暮らしております。


 さて、先日このようなことがありました。

 月に一度開催している、武道場での稽古のときです。

 ここは天井が高いので、杖を振ったり棒を振ったり、剣術の型をやったりと、武具の稽古をかならずおこなうのですが、今月は師匠が(もちろん本身ではありません)をもってきていて、それを参加者につかわせてくれる場面がありました。

 立った状態で歩みながら、あるいは座した状態から抜きつけ、斬り下ろし、血ぶり、納刀。

 この一連の動作は、ふだんから木刀を用いて稽古しています。そのときも、刀は一本しかないので、交代制でつかうこととし、それ以外のメンバーはいつもどおり木刀を用いて上記の動作をやっていたわけですが、いざ刀がまわってきたときの不甲斐ないこと、不甲斐ないこと。


 とにかく、刀がブレるのです。

 抜きつけのときはまだよいのです。問題は斬り下ろすとき。このときに刀身がブレるのです。

 いや、あれはもはやブレるという次元ではありません。

 ダンスです。

 細くて軽い刀の刃が、こちらの意思とは関係なく、突然ダンスをはじめるのです。


 なんとも情けなく、恥ずかしく、裏部長はつい苦笑してしまいました。

 そうなってしまうということは、間違っている、何かが足りず何かが過剰なのではないか、と考え、しかし先ほども書いたように、交代制なので刀をもっていられる時間はそう長くありません。一連の動作を、やれて三回か四回。このあいだにどうにかしなくてはならない。

 さあ思いだせ。師匠から何を教わった? 刀を振るとき、何をどうすればいい? これまで何を学んできたんだッ!?


 …と言うとかなり大袈裟ですが、あのときの裏部長の頭のなかはそれくらいに思考が渦を巻いていたのです。


 たった一度でした。数回振ったなかでたった一度、ダンスをせずに刀が下りてくれた瞬間がありました。

 そのときわたしは何をしたか。

 をつかったのです。


 思えば、師匠から刀を学ぶとき、これまで散々「」のことを言われてきました。抜きつけるときも振りかぶるときも、真っ向斬り下ろすときも、まず説かれたのが指のつかい方でした。

 刀というと「手の内」ということばがありますが、手や掌、あるいは腕そのものの運用を教わったことはまだありません。

 これまではとにかく指でした。それを思いだした裏部長は、最後の最後に、指だけで刀を振ってみようと試みたのです。

 
 結果は上々でした。ブレることなく、スンッと刀が落ちてくれました。

 このときの気持ちよかったこと、気持ちよかったこと。

 あのときたしかに、指に快感があったのです。


 こんな感触はこれまでにありませんでした。刀を振っていて気持ちいいと感じることなんて。

 
 わたしはこれまで、自分に刀などまだ早いと思ってきました。それよりもまず、体道のなかにある柔術や各種棒術を身につけ、空手も磨いて、ある程度のレヴェルに達してからでないと、刀は稽古してはいけないと捉えていましたが、あの感触、あの軽さ、あの気持ちよさを体感すると、すこしだけ認識が変化してきました。

 刀を「剣術」「抜刀術」「居合術」と表現すると、それはやはり人を斬る技、殺傷する技という印象がありますが、ただ単純に「刀」と表現すれば、それは誰かを殺める法ではなく、刀との会話、そしてそのとき肉体に宿る印象、育まれる感覚を、さまざまな動作のなかで見つけだすものになるのではないか

 勝手に刃がダンスするのではなく、この指と刀とで、ともに踊りだすような快さのなかで。

 もしそうであれば、その感触の芽に触れたいま、刀を取るべきではないか、と思うのです。

 この体が、この指が、それを望んでいるような気が、いましています。


 しかし、そうは言っても、裏部長はまだ自分の刀というものをもっていませんし、先日測ってみたら、師匠よりも腕が短いという衝撃的な事実が判明したため、刀を選ぶに際しても注意が必要です。どのみち、その分野に関してはまったくの素人なので、師匠や師範のご意見を伺いながら探していきたいと思います。

 よろしくお願いいたします。


 追伸。

  Ishiさんからコメントをいただきました。この名前から察するに、きっとあの方だと思われます。コメントをいただくのは数年ぶり、いやもっとでしょうか。かなりひさしぶりのことで、驚きつつも感謝、感謝です。

  Ishiさん、コメントありがとうございました。実益に富んだエピソードで、その目にもその姿勢にも、卓越したものを感じました。

 まさしく「闘うための構え」といった印象で、参考にさせていただきます。

 これからも気軽にお寄りください。


 裏部長でした。


日本武術研究所空心館札幌支部TOPへ
posted by 札幌支部 at 09:11 | Comment(1) | 裏部長の日記
この記事へのコメント
裏部長さん
こんにちは、「指」いいことに気ずきましたね。
私は数年前から楽器のドラムを習っていますが、2打以上を早く叩く時は、小指と薬指の締めが無いと絶対に出来ません。どんなに早く腕や手首を降っても無理です、ブレてしまいます。最初それを教わった時は、ああ刀や棒と同じだなと思いました。
Posted by Ishi at 2019年01月30日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: