2018年06月02日

もれなくついてくる

 こんにちは。裏部長です。


 六月となりました。2018年も折り返し地点というわけで、時の経つ速さを思うと、なんとも儚い気持ちになってくる今日この頃です。


 みなさま、いかがおすごしでしょうか。





 いきなりですけども、みなさまは上段へ刻み突きが来た場合、どのように受けますか



 ええ、もう本題に入っているのです。




 想像してみてください。


 互いに構えあっているところで、相手がこちらの上段へ向かって刻み突きをくりだしてきた。


 さあ、そのとき、あなたはどのように受けるでしょう。



 反撃はとりあえずあとまわしにして。


 これはあくまで「どのように受けますか」という質問であって、「どのような受けが可能ですか」や「どのような受けが想定できますか」ということではありません。


 いまこの瞬間、この文章を見たときに、ふと思いついた受けを念頭に置いていただきたいのです。



 おそらくですね、空心館においては、ほとんどの方が、掌や指、あるいは手の甲を用いたのではないかと、裏部長は推測するわけです。


 この場合、自然と発想されるものは、ふだんから稽古している動きか、もしくは、自分の師匠がやっているのをよく見ているために刷り込まれておぼえている動きか、このあたりのものでしょう。


 この点から言っても、上記の部位をつかった受けを考えられた方が多かったのではないかと思うのですが、いかがなものでしょう。




 以上の前段を踏まえて、あえて疑問を提示したい。



なぜ、上段受けをしないのですか?





 白帯の、入門したその日から、空手の基本の受け型として、上段受け下段払い中段内受け中段外受けを教わるわけですが、その日以降今日にいたるまで、いったい何回これらの受けを稽古したことか。


 その歴史の長さ、回数の多さを見ても、稽古者にとってもっとも馴染み深い受けの動作はこの四つということになるでしょう。



 なのに、です。



 われわれはふだん、上段への突きに対してほとんどこの上段受けをつかいません。すくなくとも、札幌支部ではそうです。


 なぜなのでしょうね。考えてみれば不思議でしょうがない話です。



 上段受けを教わったとき、これは上段に来る突きに対する受けだからこういう風に動かさなくてはいけない、一方、拳槌打ちに対してもつかうので、こういう点にも気をつけて腕を動かしましょう、と、あれこれ言われたのに、実際に上段への攻撃に対してはほとんどつかっていません。


 いったい、そこには、どんな理由があるのやら……。





 中段追い突きの話をしましょう。


 ふだんの約束組手では、この中段追い突きがメインになります。最近、中段追い突きをここまで追求する意味や重みをあらためて感じている裏部長ですが、今日はその初歩の初歩に目を向けます。


 はじめて中段追い突きをやったとき、受ける側の人間は中段内受けで対応するわけですが、このときの注意事項は、「相手の腕を叩かない、弾かない」「ぶつけて止めようとしない」。こういった内容のものでした。


 そうしてはいけない理由はみなさまご存知の通り。

 
 なるほど、そうやって受けてしまうと相手にそんな影響があるのか〜。気をつけなくては!


 稽古としてはこんな感じで進んでゆけるのですが、ある日ふと思うのです。



 そういう受け方をするべからずというのには、ほかにも何か理由があるのではないか、と。





 結局ですね、相手の突きの腕を叩いたり弾いたりするには、こちらの動作がどうしても大振りになるのです。向こうは突っ込んできているので勢いがありますが、こちらはそれを受けようと待ち構えているので、手を出すだけでははね返されてしまいます。弾こうと思えば、それ相応のパワーでやっつけなければなりません。


 だからどうしても大きな動きになってしまいます。


 大きな動作である以上、その動きがはじまり完了するまでに、けっこうな時間がかかりますね。


 これ、相手が中段追い突きに来るというのがわかっている場合、つまり約束組手のなかであればまだ可能かもしれません。しかし、実際の攻防においては、相手がどのような突きで来るか、あるいは蹴りで来るかなど、攻撃は一定ではないのです。もし中段に追い突きが来るとしても、大ぶりな受けで対応できるほど、余裕をもって対処できるシチュエーションとは限りません。



 突きは、速さ、鋭さ、重さを兼ね備えてゆきます。それが一本におさまらず、二本、三本とつながり、さらに相手への突進力もここに加わります。蹴りもあります。


 そんな多種多様かつ危険な攻撃に対して、大ぶりな受けはとてもできません


 小さな動き――必要最低限な手の動きで、それを司る体の運動もあいまって、受けは成長してゆきます。もちろん、これは翻って、突きの成長にもつながります。


 高度な突きが身につくと、その身についた感覚なり身体の使い方なりがそのまま、受けの動作にも活かされるわけですね。




 そんなこんなで、ふたたび冒頭の上段受けの話ですが、つまりそういうことです。




 空心館の空手における突きを考えると、そうならざるを得ないというのが真実なのではないでしょうか。成長してゆく突き(もちろん蹴りなども)に対し、それらを受け捌く技術もあわせて持たねばなりません。この構図において、自然に、そうした受けの動作が主流となっていったのではないか。あえて文章にすればそのようなことなのではないかと裏部長は思っています。




 もちろん、基本の受け方の重要性も考えなければなりません。


 あのオーソドックスな上段受けも、使いようによっては凄まじい威力を発揮します。それは裏部長も、体道のなかで実感済みです。





 空心館の空手と、体道を稽古する以上は、この両方を等しく捉え、追及し、深めてゆきたいものです。




 裏部長でした。
日本武術研究所空心館札幌支部TOPへ
posted by 札幌支部 at 14:16 | Comment(0) | 裏部長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: