2018年02月25日

のひと

 おはようございます。裏部長です。


 もうすぐ二月が終わります。

 札幌は、なんだかんだと言っても今年は雪がすくなく、車道はほとんど路面が顔を出しています。ただ、歩道はかなり危うい状態になっています。十二月とか一月あたりは、まだ冬まっさかりの気運があるため、すべり止めの砂を撒く人も多いのですが、二月もこうして終盤に差しかかり、三月の姿が見えてくるころになると気が緩むのか、凍りついた歩道をみなさん放置してしまうのですね。

 だからいま、札幌の歩道はスケートリンクです。坂道であれば、どこまででも滑ってゆけます。


 みなさま、いかがおすごしでしょうか。





 さて、昨夜は月に一度の、武道場での稽古でした。


 札大生のKくん、紅一点のHさんに加え、道新文化センター受講生のKさんとそのお孫さん、ひさしぶりの少年部Oくん、学外から参加のMさん、Kくん、そして、中国から来られているRさんが奥様と娘さんとご一緒に参加されました。


 老若男女、とはこのことです。とても賑やかな稽古となりました。





 そんななかで感じたのは、

その人の出所出自がそうとわかるには、それ相応の深さと浸透率が必要である

 ということでした。






 ……なんのこっちゃ、ですよね。






 たとえばですね、昨夜の稽古では、お孫さんといらっしゃっていたKさんが天心古流の切紙を受けるべく、居取之位を復習するのですが、せっかくなので、全員でいっしょにやってみましょうということになりました。ふたりでひと組みになり、何度か相手をかえてやってみたのですが、そのなかで中国から来られているRさんと組んだ際、ふいにそんなことを思ったのです。


 技のなかで、相手の顔面を突く、あるいは相手の攻撃を受ける、投げる、押さえるなどのいくつもの場面において、昨夜やった居取の技は、Rさんにとっては初見で、師匠の動きを見ながら動いていた感が強かったのですが、そうして見様見真似でやっていながらも、Rさんの動きはある一定の「型」にはまっていたような気がするのです


 まるで自身がやっている中国武術の型のなかに似たようなかたちがあり、それをその瞬間その部分だけ身体に呼び起こして、体道の技のなかで実践している、ような。だから、相手のこめかみへ手を返すにしても、顔面を突くにしても、われわれがやるのとはすこし趣きが異なり、その瞬間だけ型をやっているような印象を受けたのです。



 これは結局、自身で稽古されている武術がそれだけ身体に沁みこんでいるということなのでしょう。徹頭徹尾、しっかり深く浸透している。だからこそ、他流儀の技をやる際にも、その片鱗が顔を出してしまう。



 出してしまうなどと書くといささか批判的に映るかもしれませんが、昨夜の裏部長は感嘆していたのです。





 それは、紅一点Hさんについても言えます。



 昨夜訊いたところによると、彼女は五歳くらいから空手をやっているそうです。つまり、すでに十四年ほどのキャリアがあるわけです。


 本人曰く、これだけ長いあいだ稽古をしていても辞めたいと思ったことはないので、きっと相性がいいのだろう、ということでしたが、わたしは返す返す、その時間と深さに感心するばかりでした。




 つまり、それだけの時間をかけてひとつのことを追求し、やりこんできた結果、彼女には空手が、Rさんには中国武術が沁みこんでいるわけです。それがふとした瞬間、たとえば畳の上で正座をして柔術をやる際とか、空手の型を復習しているとき、動かす足が右足ではなく左足だったと気づいた瞬間だとかに表出する。どんなに多様に、それ以外のことも稽古していたとしても、各人の出所出自は隠すことができない。

 いや、隠れずそれが表に出てくるようになるには、それ相応の深さと濃さをもっていなければなりません。




 以前このブログで、松本幸四郎さん(現松本白鴎さん)のことばを紹介しました。

歌舞伎役者である以上、歌舞伎以外のことをする必要はない。ミュージカルとか現代劇とか、いろいろやる必要はまったくない。しかし、プロの役者である以上は、いろいろできなきゃいけないと思うのです

 つい先日の、親子三代同時襲名のときにも同様の発言をされていました。



 これは師匠の稽古観、武術観とも通ずるものですが、そうは言っても、白鴎さんのお芝居を見て、歌舞伎のにおいを感じないことはないですよね。異国のミュージカルをやっていても、TVドラマや映画に出ていても、その演技にはつねに歌舞伎のにおいが香っている。



 結局のところ、それがないとただの何でも屋になってしまうのでしょうね。「きちんと型がある、その上で型を壊す必要がある。型ができていないのに壊すのは型なしだ」というのは亡くなった中村勘三郎さんの言でしたが、この型の部分ですね、これがきちんと築けているかどうか。寄る辺があるかどうか。それはもちろん、武術に限らず、表現すること、生きること全般に必要なことのように感じます。




 Rさんは中国武術の人、Hさんは空手の人。そう胸を張って言えるだけの浸透率をもっている。


 さて、それでは――。




 あなたはいったい何の人でしょうか。






 裏部長でした。
日本武術研究所空心館札幌支部TOPへ
posted by 札幌支部 at 09:03 | Comment(0) | 裏部長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: