2016年02月28日

波紋

 こんばんは。裏部長です。


 なんだかんだで、二月もあと一日です。

 季節は春へと近づき、花の便りもちらほら届く頃あいとなりました。


 みなさま、いかがおすごしでしょうか。






 
 最近の稽古では、よくワン・ツーをやっています。



 約束組手というと、何よりもまず追い突きでありまして、それはいまも変わっていませんが、今年に入ってからはそこへ、すこしずつワン・ツーが入ってきています。




 こないだの稽古で、師匠が言ったことばが印象的でした。


これまでやってきたワン・ツーはワン・ツーではない。ワン・ワンだ


 面白い表現と指摘だなと感じました。そして、実際にその違いを目のあたりにすればするほど、たしかにワン・ツーというよりはワン・ワンなのでした。言い得て妙というのはああいう状況をいうのでしょうね。




 この稽古をきっかけに、師範のことばも思いだしました。札幌での稽古だったか、本部へお邪魔したときのひとコマだったか、記憶が定かではないのですが、ワン・ツーの話になったときに、


いまはあたりまえにワン・ツーと言っているが、これはもともと、刻み突き・逆突きである


 まあ、そりゃそうだと思うでしょう。たしかにその通りで、空手をやっている人ならは即座に肯けるはず。



 しかしね、先ほどの師匠のワン・ワン発言とつなげて、これはたやすく看過してはいけないことばだと思うのです。






 ワン・ツーというのはつまり、突きを二本立てつづけに出す動きのことですね。追い突き・逆突きというのと変わらない、コンビネーションの技のことです。


 この動きを考え、成長させてゆくには、いきなり全体を捉えるのではなく、追い突きのときがそうであったように、まず一本目の刻み突きを研究するべきです。約束組手で散々いろいろとたった一本の追い突きをやっているように、刻み突きにおいても、それ相応に掘りさげられる余地はあるはずです。


 一本目の刻み突きを磨き、変化させ、向上させてゆくと、当然ですが、それに隣接している二本目の逆突きも変わってゆかざるを得ません。現に、刻み突きの出し方、そのときの身体のつかい方を錬ってゆくと、おのずと逆突きも違ったものになり、結果、ワン・ツーという技が技としてようやく誕生するというわけですね。



 ワン・ツーとひと息に言ってしまえば、馴染みのあることばですが、これをまず「刻み突き・逆突き」に分解し、その一本目、刻み突きを単体でまず考えること。そこに変化が生まれ、身体の動きが質的に変わったら、そこではじめて二本目の逆突きをつけて、また新たに考えてみる。すると、二本目の逆突きも変化してくる。ただしここで安心していけないのは、二本つづけてやってみて逆突きに手ごたえが出はじめると、今度はあれだけ意識して取り組んでいた一本目の刻み突きがおろそかになり、ただ手を出しているだけになってしまいがちです。ここをさらに注意して、一本目の刻み突きも、二本目の逆突きも、両方きちんと活きた攻撃としてのワン・ツー、正真正銘のワン・ツーを目指していかなければなりません






 と、わかったようなことを書きましたが、これが今後の、わたしの課題でもあります。忘れないように、ここに記しておきました。



 さて、これからどうなることやら……。



日本武術研究所空心館札幌支部TOPへ
posted by 札幌支部 at 18:32 | Comment(0) | 裏部長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: