2015年08月22日

向かい風が教えてくれる

 こんばんは。裏部長です。


 先日は、唐突にネガティブ裏部長で失礼いたしました。どうにかもち直し、夏バテにもならず、元気にやっておりますので、ご安心ください。




 
 さて、日々の稽古で大切にしていることといえば、一体感です。技との一体感、人との一体感。空手をやるにしても体道をやるにしても、あるいはそれ以外のことをやるにしても、つねに一体になろうとしている自分がいます。


 もちろん、なぜそう欲するかといえば、一体感が生まれたときに技が上手くゆくからで、違和感や齟齬が点在していると、何をやってもどうにもなりません。身体も心も、どちらもつねにニュートラルでいなければ、どこかでかならずズレが生じます





 札幌支部では約束組手をする際、あまり迅速苛烈な攻防をしないもので、きちんと一本の突き、それに対する受けの動きに集中して稽古をすることが多いのですが、わたしの場合、ほとんどのケースで、相手が後輩になるので、受けているときにすこし余裕ができます。


 ただ受けているだけだと、相手の突きはあたらないし、こちらもほとんど得ることなく、一瞬ですべてが終わってしまうので、こうしたときにこそ、例の一体感を気にするようにしています。




 料理をしていて、何かを煮ていたとして、あるいは揚げ物をする際に油を熱していたとして、求めている温度に達したかどうかを、手をかざしてはかる料理人がいますね。


 あんな感じで、わたしは約束組手のとき、相手と向きあっています。


 言うなれば、


身体をかざす


 というような感じでしょうか。




 受けの場合には、当然ですが、相手が突いてくるから受けるわけで、一時期はそれを顕著におこなおうと、体に接触があってから、その勢いを借りて受けるということをわざとらしくやっていたこともありました。しかし、そこまでしなくても、この質の受けはできるはずなのです。


 身も心も相手にかざして、感じるように立つ


 相手が歩んできて、突きをだす。それを受ける。



 接触があろうがなかろうが、きちんと感じられていれば、きちんとその突きに対する受けになっているし、これの面白いところは、同様の感覚で、こちらが突く際にも応用できるという点です。


 攻撃をするのだから、こちらから一方的に、エネルギーを放出するがごとく突く、では、やはり不完全です。こちらから攻める際にも、当然、相手に身も心もかざしてゆく。相手の家を訪うようにその扉へノックするかのように突きにゆく。すると不思議なもので、入らなかった突きも入るようになったりするのです。





 なんだかこんな風に書くと、いささか大仰なように見えますが、われわれは日常の端々で、この「身体をかざす」ということを、ごく自然に、あたりまえのようにやっているのですね。



 外へ出る。おっ、今日は湿気がすくなくて風が気持ちいいなと感じる。昨日と同じTシャツ姿で家を出た途端に、うわっ、寒っ、もう長袖でいいんじゃんと思う。そんなことが生活のあちらこちらにあり、わたしたちはそのとき、ほとんど一瞬で、風の冷たさ、あたたかさ、やわらかさ、鋭さ、重さ、などを感じて、それに対して感情をもっているわけです。



 わざわざ空に向かって手を掲げなくても、風の質感を、われわれは身体で見つけることができるのです。




 目にも見えない、手にもつかめない風すら感じられるのです。実体があり、見ることも、触ることもできる人体に対してそれができないはずはないし、たとえ接触しなくても、感じることは可能なはずです。




 いつも通りの稽古をいつも通りやっていたって、学べることはあります。それを可能たらしめるのは、ニュートラルな自分です。空っぽで、芯だけを失わない、自分自身だけです




 裏部長でした。

日本武術研究所空心館札幌支部TOPへ
posted by 札幌支部 at 18:58 | Comment(0) | 裏部長の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: