2020年08月09日

Empty Hand

 おはようございます。裏部長です。

 三連休、いろいろと煩わしいことも多いですが、札幌は程よい気候ですごしやすいです。北海道はこうでなくちゃ。

 みなさま、いかがおすごしでしょうか。


 さて、デジタルに疎い裏部長も、今年の春から初夏にかけての自粛期間中、世にいうサブスク(サブスクリプション)というものにようやく出逢いまして、なつかしいTVドラマや映画を観てたのしむようになりました。

 先日は『ベスト・キッド』(1985年)を久方ぶりに鑑賞しました。いま改めて観ると発見が多く、べつのたのしみが生まれます。


 劇中での空手(カラテ)の描き方にはいくつも賛否や意見があるでしょうが、意外にも筋が通っているように思えたのは、主人公が学ぶ技術と師匠の系譜についてです。

 師匠となるのは、おなじみの「ミヤギ」さんで、沖縄から来たということでしたが、沖縄でミヤギというと、宮城長順さんを思い浮かべます。

 剛柔流をつくった方です。おそらくこの映画のミヤギさんも、この宮城さんの流れをくむ人なのでしょう。

 だから、あの少年(ダニエルさん!)に教えた受けの動作が、「転掌」に由来していたのです。このあたり、けっこう堅実です。


 学校でワルガキたちにいじめられている少年をミヤギ老人が助け、自分の部屋へ運びこむ。気がついた少年は、老人が空手をやっていて、なおかつ強いということにまだ半信半疑。不思議に思ってあれこれ尋ねます。

 それに対して、ミヤギ老人の答えた台詞がこれです。

沖縄のミヤギは皆 漁とカラテを知っている

 カラテは16世紀 中国から来た

 ″手”と呼ばれた

 後に ミヤギの先祖が

 ″カラテ”と呼んだ

 空の手だ

 最後の一文、英語では「Empty Hand」と言っています。

 わたしはなんだか、この表現にぐっときてしまったのです。


 思えば武術とは、すべてにおいて「Empty Hand」なのではないか。空手や柔術など、素手でおこなうものはもちろんですが、棒や杖、刀など、武具を用いる技においてさえ、その武具を扱うのは空っぽの手なのです。

 わたしの両手は、武術をするにふさわしい「Empty Hand」になっているだろうか。


 三十年以上前の映画を観ながら、ふとそんなことを思う裏部長なのでした。
posted by 札幌支部 at 09:34 | Comment(0) | 裏部長の日記