2020年04月30日

上足底が

 こんばんは。裏部長です。

 早くも四月が終わりを迎え、札幌でもようやく桜が咲きはじめました。今日はほとんど初夏の陽気で、どこを見ても澄みきった青空でした。

 みなさま、いかがおすごしでしょうか。


 昨日は「昭和の日」ということで、配分の仕様によっては、すでにゴールデンウィークということのようです。

 札幌支部ではいまだに稽古再開ができていません。

 北海道全域を見ましても、あまりよい状態とは言えず、通常運行はもうすこし先になりそうです。


 しかし、まあ、なんというのでしょうか、どこを見ても同じ話題ばかりで閉口してしまいますね。

 どこで何人感染者が出た、という情報ばかり集めてもまったく意味はありません。

 そんなデータばかり蓄積しても不安になるばかりです。

 要は自分や、自分の大切な人が無事かどうか、これに尽きます。己の身は己で守るべし。これです。


 斯く言う裏部長は、ここ最近、ずっと「上足底」について考えていました。

 ひとり稽古をするときも、外を歩いているときも、つねに意識し、立ち方にも工夫を凝らしていました。

 身体のポイントをすこし操作するだけで、驚くほどいろいろなものが変化します。

 動作の質も、肉体そのものも、です。このような実験は、これはこれで興味深いものです。


 通常の稽古ができず、運動不足になりがちな今日この頃ですが、なんでも、すこし汗ばむくらいがよいそうです。

 あたたかい陽気のなかで、軽く突き蹴りをするだけでも薄く汗ばみます。

 この記事を読まれているすべての方が健やかに、それぞれの生活をたのしまれていることを祈ります。


 裏部長も元気に、明日は「身体の裏側」を意識しながら活動をはじめます。

 五月も、武術とともに、進みましょう。



 裏部長でした。


posted by 札幌支部 at 18:56 | Comment(0) | 裏部長の日記