2019年10月20日

私の帰るべき場所へ

 こんにちは、裏部長です。

 街はすっかり秋の色です。今日の札幌は気持ちのよい快晴。気温も高く、風もなく、すっかり葉を落とした街路樹たちも、なんだか今日は淋しさよりも清々しさを感じさせてくれる気がします。

 国民の多くが、今夜のラグビーを気にしている日曜日、みなさまいかがおすごしでしょうか。



 台風19号の被害に遭った方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

 その惨状をTV等を通じ知るたびに驚くやら悲しいやらで、心が塞がりそうになります。実際にその渦中にいた人にとってみれば、被害のなかで感じた恐怖や絶望は、われわれの想像を絶するものでしょう。災害は、実際に体験した人でなければその苦しみを共感することはできません。だからいまは、ただ手をあわせて心を寄せて、壊れたものが元どおりになる日を願うばかりです。


 今回は栃木市の被害も大きかったようですが、師範をはじめ、空心館メンバーに大事はないそうです。ひと安心です。


 こうした災害はいつどこで起こるかわかりません。明日、自分が遭遇するかもしれない。

 だからこそ日々の生活を大切に、健康で、たのしく稽古できていることに感謝して生きてゆきたい。


 すこしでもみなさまの心のなかが平和でありますように。



 裏部長でした。

posted by 札幌支部 at 15:37 | Comment(0) | 裏部長の日記