2019年03月31日

それも歩みのうち

 こんばんは、裏部長です。

 すっかり季節は進み、明日からもう四月です。

 長かった冬が終わり、平成という時代も幕を下ろします。身のまわりに心配の種は尽きませんが、何はともあれもう四月です。

 みなさま、いかがおすごしでしょうか。


 春は変化の季節です。

 長らく放送されていたTV番組が最終回を迎えたり、往年の歌手が引退を表明したり、いろいろなことが終わる季節です。

 つづけていたことをやめる。それはすこし感慨深げな、淋しいことではあります。

 しかし、同じことを長く、同じままにつづけることだけが歩みではありません。


 成長とは前進することでしょう。

 進みゆくこの道がいつまでも平坦ならば、これまでと同じ速度で構わないかもしれませんが、決してそんなことはないのです。

 落ち窪むこともあれば、逆に隆起し、上り坂となっている場所もありましょう。


 そんなとき、歩む速度を落とさないためにはどうしたらいいか。


 自分が変わるしかないのです。

 それまでもっていた荷物が不要なら捨てればいい。

 耐えることが必要なら、これまで以上に耐えてみればいい。

 下り坂なら足に力をこめて。階段をのぼるならまず太腿をひき上げることから。


 自身の変化。革新。

 それも歩みのうちです。


 いまよりももっとよくなるために。

 今日よりも明日、明日よりも明後日をよりよくするために。


 

 裏部長でした。

posted by 札幌支部 at 19:06 | Comment(0) | 裏部長の日記