2018年10月07日

無構え

 こんばんは、裏部長です。

 世のなかはまたまた三連休でありまして、暑さも遠のき、台風も去り、秋の行楽にはもってこいの週末でしょう。

 みなさま、いかがおすごしでしょうか。


 今年の夏あたり、裏部長は長らく「構え」について考えていました。

 ふだん、おもに空手において取っているあの構え。まあもちろん、あの構えと言ったところで、そのかたちは人それぞれなのですが、みなさまご自身のつかっている構えを思い浮かべてくださればけっこうです。

 その構えですがね、なぜなのでしょうかね。どうしてそういったかたちになったのでありましょうか。


 もちろん、「師匠や先輩からそう教わったから」というのがほとんどでしょう。

 わたしも同様です。空手の稽古をはじめてすぐに師匠から教わり、それが時間とともにやや変化して現在に至っているわけです。

 しかし、いまはその教えられた経路の話ではなく、由来のことを考えてみたいのです。

 あの構え、いったいどこから出たものなのでしょうか。


 空手の構えなのだから、空手の型から出たものであろう。

 わたしは最初にそう考えました。

 しかし、平安からいちばん新しい慈恩まで、計二十八個の型を思いかえしてみても、そのような構えはないのです。

 いやそもそも、型のなかでは、単純に構えているという状態がないのです。

 受けをした瞬間の状態が構えたかたちになる、ということはありますが、目の前の相手に対して文字どおり構えるという動きは、どうも型のなかには見受けられないわけです。


 ハテ、ならばあの構えはどこからやって来たものなのだろうか……?

 
 師匠からは、「棒の手が関係しているのではないか」との助言をいただきました。

 しかしどうやら、それが唯一の答えというわけでもなさそうです。


 うーむ。

 うーむ。


 と呻吟していたある日、裏部長はふとこんな視点に出逢いました。

いま自分が思い描いている構えとは、こと空手に関したものだけなのではないか


 ここで冒頭にもどるのですが、いまみなさまの頭のなかに描かれていた構えは、空手のものではありませんか

 足は基立ち。半身になり、片方の手は腰へ引き、もう片方の手は肩の前あたり。あるいは夫婦手。

 
 わたしもそうでした。構えといえばこれでした。考えられる変化としては、手をひらくか拳にするか程度のものです。

 でもね、これって空手の、それも組手のときにつかう構えですよね。

 われわれ、ただ「構える」と言っただけで、自然と空手の組手をイメージするようになっているのではないでしょうか


「空手をやっているのだから、それでいい。いや、それが正解だろう」

 という声も聞こえてきます。

 しかし、たしかに空手をやっていてもわれわれはいわゆる空手家ではないですよね。やわらもするし、棒も振れば刀も握る。

 正確にいえば武術家なのに、こと構えとなると、どうして空手に引っ張られてしまうのでしょうか


 ここまで考えて、裏部長はさらにハッとしました。

 構えを考えたとき、わたしのなかには自然と、「誰かと闘う」という姿勢が生まれていました。

 相手と対峙する、そのための体勢として、「構え」というものを捉えていたのです。

 
 そもそも、誰かと闘うシチュエーションとは一様でしょうか

 空手の組手のように、平らな場所で、適度な間合いをとって向かいあうことなのでしょうか。


 好戦的にならず、ごく平穏に日常をすごしていれば、誰かと闘うなどという場面は生まれません。

 もし、適度な距離をとって向かいあうような場面に立ち至りそうになったら逃げるべきです。

 見も知らぬ人に傷つけられるのも傷つけるのも、わたしは嫌ですね。そそくさと遁走します。


 しかし、そんな風にごく平穏に暮らしていても、もしかして、ということがあります。

 突発的に、ごく近距離から、一方的に攻撃を仕掛けられる、という場面です(まあそれもほとんどありませんが)。

 こんなときは、こちらに闘う意思があってもなくても、瞬間的に対応し、身を守らねばなりません。

 武術をやっている人間が、日常の場で、技をつかうというのはこういった場面にのみ発生することだと思います。


 そんな場面において、はたして、構えというものは存在するでしょうか。


 ここに至ってさらに方向転換。

 空手の型や中国武術の套路、さらには、体道における柔術技のなかで、いざ動きはじめるというとき、われわれはどう立っているか。

 ほとんどの技において、足は肩幅くらい、やや平行立ち。両腕は下に向かって垂れている――。


 あれらはいったい何を意味し、いったいどんなことをわれわれに教えてくれているのでしょうか。

 身近なところに、考えるべきことはまだまだ転がっています。



 裏部長でした。

posted by 札幌支部 at 17:23 | Comment(0) | 裏部長の日記