2018年08月04日

体道おじさん

 おはようございます。裏部長です。


 連日、お暑うございます。一方こちら札幌は、本日の予想最高気温が二十四度という、逆の意味で驚異的な気候となっております。どちらであっても、慎重かつ大胆な体調管理が求められます。


 みなさま、いかがおすごしでしょうか。


 
 さて、稽古をやっているうちに仲間も増え、また、いっしょに稽古をするわけではないけども、わたしがそういうことをしていると知ってくれている人も増えてきていて、つまりは理解をしてもらえているという状況はなんともありがたいものであります。


 ただひとつ難点なのは、武術をやっているらしいということは把握しているけれど、具体的にどんなことを稽古しているのか理解していない人からのこんな質問です。


「○○さんのやってるのって、どういうものなんですか」


 日常会話の流れで、さらりと回答してみたいというのは手前勝手な希望であって、この問いかけに、正しく、シンプルに、即座に返せる答えなどこの世にありません。


 簡単に済ませようとすると具体性に欠けるし、細かく説明しだすと相手が飽きてきてしまいます。


 だから、これまでの裏部長は、ごく単純に、


「空手とかやってます」

「いわゆる古武術ってやつですね」


 などと、雰囲気重視で回答してきたわけですが、これはやはり歯がゆい。答えたこちらが消化不良になってしまいます。



 なので今日は、こんな問いかけをされたときにつかえる、ひとつの回答例を自分なりに書いてみたいと思います。



 まず空手についてですが、これはもうね、対面しただけの相手にすくない文字数で、正しく、たとえば流派の違いとか型の特徴とかを話してもチンプンカンプンです。相手も空手をやっている人ならまだしも、そうでない人にはほぼ不可能な芸当でしょう。


 ですので、裏部長的には、世間一般にある「空手」のイメージを借りてその場をしのぐことを推奨します。


「空手やってます」

「ああ、空手ね」


 そんなやり取りで終わらせ、さっさと次の話題へ移っていってしまいましょう。



 さあ、最大の課題は【体道】です。


 これをいかに説明したものか……。



 全日本体道連盟に属し、体道を稽古している身としては、なるべく正確かつ詳細に説明したいという欲も湧いてくるのだけども、組織の成り立ちから話されても、聞いている相手にはなんのこっちゃさっぱりでしょうから、この際、思いきって最大限、実務的な解説に努めるという案はどうでしょうか。



 ひとくちに「体道をやる」と言った場合、いったいどういうことになるか。


 体道のカリキュラムのほとんどを占めているのは、柔術です。流派によっては、体術と言ったり拳法を言ったりしますが、要は素手で相手を制する武術ですね。


 投げ、押さえ、極め、絞めるなど、多種多様なパターンがあり、そんな柔術の技が、体道のなかにはたくさんあります。


 全体の六割強、いや、七割ほどはあるでしょうか。体道の体道たる所以と言ってもいいヴォリューム感です。



 体道を稽古する以上は、この多種多様な柔術をやるわけですが、じゃあ柔術だけでいいのかというと、決してそうではありませんね


 柔術の技というのは、ほとんどが、自分から攻撃を仕掛けるのではなく相手から先にかかってくるものです。つまり攻撃を知らないと、それに対する側の技も理解できないし、そもそも応じることさえ不可能なのです。


 だから、攻撃を学ぶ意味でも、空手は必要不可欠になります。


 空手の突き、蹴り、打ち、それに対する受け、あるいは型などの動きを通して身体や感覚を練ってゆきます。



 素手の武術を考えただけでもお腹いっぱいの印象ですが、体道には武具をつかった技も多くおさめられています。


 代表的なものは、やはり、さまざまなサイズのということになるでしょう。



 六尺のをつかった、「棒術」。

 四尺二寸ほどのをつかった、「杖術」。

 三尺の得物をつかう、「短杖術半棒術」。

 一尺のをつかう、「捕手術」。



 わたしが現在までに教わっただけでもこれだけあります。


 いくつもの流派、ヴァリエーション豊かな技を通して、さまざまなサイズの棒をあつかう術を習得してゆくのです。



 しかし、です。


 柔術のときと同様、では棒術や杖術だけ知っていればそれでいいのか、ということになると、答えはですね。



 これら武具をあつかう技は、ほとんどが対刀を想定しています。ただの木の棒っきれで日本刀に勝とうというわけです。


 なので、技を稽古する際には、相手方は刀をつかわなければなりません。ほとんどの場合、稽古では日本刀ではなく木刀をつかいます。


 つまりこの時点で、各種棒術のほかに、剣術のノウハウも知っておかなければならないことになります。


 刀で斬る、突く、受ける、払うなど、必要最低限の動きができないと、上記の棒術や杖術の技さえ学べないのです。



 おおっと待った。それだけではありませんでした。


 内田流短杖術のなかに、相手が腰に刀を差している状態から攻撃してくる技があったではありませんか。


 つまり、刀を鞘から抜いて、正眼や八相に構えた状態からはじめる技ではなく、まだ抜いていない状態から斬りかかる術を知らないとこれらの技はスタートできません。


 ということは、つまり、剣術だけでなく、抜刀術あるいは居合術が必要になってくるわけです。



 そんなこんなで、ざっと見てきただけでも、「体道」のなかには、柔術・体術・拳法、空手、棒術、杖術、短杖術・半棒術、捕手術、剣術、抜刀術・居合術などがあり、さながら総合武術の印象があります。いや、実際にそうなのでしょう。甲冑を着たり鉄砲を担いだり、弓を引いたりしないだけで、すでにこれだけで、日本の武術の代表的なものをおさえているように思えます。



 だから、体道をやっている人は、基本的に、忙しい。


 とても、一般の方に細やかな解説をしている暇などないのです。


「体道をやっています」

「体道? それって……?」

「さようなら!」


 もう、こうしてしまうよりほかに方法は見つかりません。


 みなさまはどうお思いですか。



 裏部長でした。
posted by 札幌支部 at 10:12 | Comment(0) | 裏部長の日記