2017年01月07日

餅屋の道楽

 おはようございます。裏部長です。

 みなさま、あけましておめでとうございます。本年もみなさまにとって、よりよい一年でありますことをお祈り申しあげます。




 さて、昨夜は札幌支部の稽古初めでした。


 とはいえ、師匠とわたしのほかには、婦人部のIさん姉妹がいるだけの淋しい稽古で、前半、みんなで八段錦、二十四式と十三式の太極拳をやったあとは、婦人部のおふたりも帰ってしまい、こちらもふたりしみじみと、空手の型をやって終わりました。


 わたしは新たに「慈恩」を教わりました。ところどころ見たことがあるような、しかし全体的にはすこし不思議な型で、みっちり教えていただきました。空手には、ほんとうにいろいろな型があるのですね。




 2017年も、さまざまなことを学び、考え、悩みつつもたのしみ、前進してゆく一年にしたいものですが、肝心なことは肝心なこととして中心に据えて、決して怠けないことをひとつの個人的な目標にしてゆきます。



 よく、「餅は餅屋」などと言います。わたしも、空手と体道をやっている人間である以上、この表看板たる空手と体道を怠ってはいけない。その研究を、その研鑽を、まず第一に考えなければなりません。




 ただし、これは昨年末にも書いたことですが、それだけにかかりっきりになって、頑なになって、自由な発想と旺盛な好奇心を失ってしまっては、豊かな学び、豊かな表現はできないとも感じています。やはり、どの場面においてもたのしむこと。能動的に取り組むこと。この姿勢を忘れないことです。



 とにもかくにも、2017年、よろしくお願い致します。



posted by 札幌支部 at 11:08 | Comment(0) | 裏部長の日記