2016年08月28日

柔の本質

 こんにちは。裏部長です。


 お暑うございます。札幌では、この週末あたりは急に涼しくなりまして、湿気をほとんど感じない、北海道らしい夏のひとときをすごせています。ずっとこれくらいの日々がつづいてくれると楽なのですが、明日からはまた鬱陶しい天候が再開されるようです。


 あとすこしの辛抱です。





 さて、オリンピックが閉幕しましたね。


 これまでにない数のメダル数だとか、史上初だとか、そんな文句が踊り、メダリストたちは帰国するや否や、さまざまなTV番組に駆り出され、大忙しです。昨夜は競泳のメダリストに息止めの対決をさせていました。話題になるというのはいろいろと大変なことです。




 わたしはさしてスポーツに興味はないのですが、TVをつけてやっていると何気なく見てしまいます。


 こないだも、TVをつけたら女子レスリングの試合がやっていたので、夕食をとりながらぼんやり見ていました。あいかわらず、どうもレスリングのルールはわかりづらいなあとか、霊長類がんばれ!とか、それなりに日本勢に肩入れをして応援していたのですが、そのときふいに疑問をおぼえてしまったのです。


 たとえば、片方の選手が果敢に攻める、タックルにゆく、後ろにまわろうとする、首に手をかける、さまざまな角度から攻撃を仕掛けるのだけれど、もう片方の選手はそれをかわす、足を逃がす、腰を落として耐える、など、とにかく受け流すことに専念している――と、そんな状況があるとしますね。


 こういう場合、すぐに審判が試合を止めて、後者の選手に注意をあたえます。消極的だと、もっと攻めなさいと言うわけです。それで試合再開。また攻防がはじまるけども、そこでも足を下げたりいなしたりしているとまた注意を喰らって、三十秒の時間制限がつきます。


 これ、その時間内に点を取らなければ相手に有利になるというルールらしいのです。半強制的に攻めさせる手というわけですね。


 これを見たとき、「へえ、レスリングにはそういうルールがあるのか」と素直に感心しつつも、次の瞬間には疑問に思っていました。「これって、本質的におかしいんじゃないか」と。




 上記のシチュエーションの場合、一方の選手があの手この手で攻めまくるのを、もう一方の選手がとにかく受け流して、いなして、技をさせまいと防禦にまわっている、それだと試合が進まない、決着がつかないからルールで禁止して、攻撃させるように指導をする、という内容があるわけですが、そもそも、どうして攻撃をしている選手は技が決まらないのでしょう。相手が受けに徹しているから? わからなくはないですが、そうされてまるで決まらないのなら、攻撃している選手の攻撃が駄目なのではないでしょうか。相手が受けに徹したくらいで、かわされるばかりの攻撃は、攻撃として成立していないような気がします。


 これは柔道を見ていても感じます。師匠に伺いますと、柔道では過去に、受けに徹していても問題ない時代があったそうですが、それでは試合時間が長くなってしまうので、ルールで禁止したそうですね。こちらでも、袖や襟をつかんで崩し、足をかける、腰にのせるなどして、投げにゆこうとする相手に対し、それに耐える、体を逃がす、距離を取るなどという対応をしていると、たちまち審判に言われてしますが、レスリングと同様の疑問を感じざるを得ません。


 攻撃している人は、どうしていつまで経っても決められないの?




 これはもしかしたら、互いに世界のトップクラスで、実力が拮抗しているために、そう易々と技は決まらないのだ、ということなのかもしれません。しかしわたしはあえて、こういう説を提示したい。



そもそも柔の技は、自ら攻撃するものとしてできていない




 これまでわたしが体道のなかで教わってきた柔術を見ても、その他の流派を見聞しても、そう感じてしまいます。常日頃、師匠から教わっているような、相手からのアプローチがあってはじめて技が生まれるというあのスタンスこそ柔術の根幹であり、また本質であるとするならば、その柔術をもって、こちらから積極的に相手へ攻めこんでゆくような行為そのものが矛盾しているのではないか。


 われわれが空手で突きや蹴りなどの攻撃を学び、体道のなかでも、刀や杖などで攻撃する術を稽古することはありますし、それはとても重要なことながら、そういった意味の攻撃と、柔術としての攻撃というのはいささか質的に異なっています。後者にはもともと、本質的な矛盾があるような気がします。



 
 これが最近わたしのなかで生まれた疑問です。



 じつは、この話を引き延ばしてゆくと、師範から伺った「肉を食べると攻撃的になる」というあのお話とも通じてくる気がするのですが、それはおいおい検討してゆきたいと思っています。



 

 裏部長でした。 
posted by 札幌支部 at 16:09 | Comment(0) | 裏部長の日記