2017年07月07日

清冽な水で

 こんばんは。裏部長です。

 大変、うんざりするほど、お暑うございます。




 最高気温が三十三度を超えた本日、札幌支部の稽古はお休みです。しかし安心もしていられません。今日は熱帯夜になりそうな気配……とはいえ、湿度が比較的低いので、どうにか乗り越えられそうです。


 みなさま、いかがおすごしでしょうか。






 さて、変わった話題とてないのですが、最近の裏部長は体道で山本無辺流棒術を教わっています。



 これまで杖や短杖を用いた技はいくつか学んできていて、つい先だっては柳生新陰流の仕込杖もやっていましたが、それらすべては対刀の技であって、今回はなんと、こちらも棒ならばむこうも棒という、棒対棒のあらあらしい闘いが展開されております。


 六尺棒の威力、迫力。その長さ、重さゆえの用法が新鮮で、打ち払った際に残る振動が手をしびれさせ、また新たな刺戟をあたえてくれています。




 体道のなかで、こうしてそれまでにやっていない流派の技を教わると、毎回違った刺戟に触れられ、新鮮な思いで稽古場に立つことができます。


 そのたびに、ああ、いつも技をやる際にはこういった、新鮮で澄んだ心持ちでいられたらどんなにいいだろう、いや、稽古ばかりではない、日常のすべての場面でそう生きられたらどんなに素晴らしいだろうと、人知れず願っている裏部長であります。



 しかし、まだまだそんな風にはなれません。わたしの心身のなかにある不純物が、毒気が、黒く濁らせる瞬間がどうしてもあるのです。できることならば、これらの物質はすべて除去して、いつも澄んだ状態でいたい。透明で清冽な、一点の曇りもない姿勢。




 自分で実践可能なことからはじめ、これを徹底するのはそんなに難しいことだろうか……?




 答えは「否」ですよね。


posted by 札幌支部 at 20:19 | Comment(0) | 裏部長の日記

2017年06月24日

柔があるから

 こんばんは。裏部長です。


 来週を終えると、もう七月です。本州では梅雨まっさかりで、かなり鬱陶しい日々がつづいているようですが、こちらはこちらで、急に涼しくなったりして、朝晩の服装に苦慮する毎日です。


 みなさま、ご健壮でいらっしゃるでしょうか。





 裏部長は師匠のもとへ入門するまで、空手のかの字も知らず、当然その業界にも疎かったわけですけれど、稽古をするようになって十三年以上が経ったいまもあまり変わりません。


 一般的な空手業界、いや、武術や武道、格闘技業界にはとんと縁がないのです。


 それもそのはず、興味がないから、と言ってしまえばそれまでですが、ひとつの道場に十年以上もいて、継続的に稽古していながら、他流儀へここまで目を向けない人も稀なのではないかと、自分のことながら珍妙に思うこともないではありません。


 結局のところ裏部長は、「武術」が好きなのではなく、たまたま出逢えた武術をしていたい人間だったということでしょうか。




 なので、あらためて空手というものを見つめ直したときに、かなり初歩的なことに驚いたりもしてしまうのです。




 空手にはさまざまな受けがありますね。


 上段受け、下段払い、内受け、外受け。そのほかにもいろいろありますが、基本稽古でいつもやるこの四種類に限定して見てみても、その動作を、ごくシンプルにそのままおこなった場合、相手の攻撃をはじく、自分から離す役割があることを最近になってふと気づいたのです。


 オーソドックスな受け方としては、その動作の性質上、相手の攻撃をどのような度合いであれはじく結果になってしまう。これはなぜか。



 空手には打撃のスキルがあります。自ら突く蹴る打つという選択肢があります。


 つまり、その攻撃のスキルで相手を仕留めれればよいのだト。受けは、相手の攻撃を防げればいいのであって、とにかく自分にダメージが加わらないように受けておいて、すかさず打撃をおこなえばよいのだト。


 そう考えると、単純に払う、弾くといった受け方であってもべつに問題はないのです。そういう空手をしなさいと言われれば、きっと誰でも、今夜のうちから実践することができるでしょう。





 しかし、われわれには体道があります。


 もっと言えば、柔術があるのです。





 たとえば天心古流の「屏風返」をやる際に、相手の追い突きに対してこちらは上段受けをしますが、そこで相手の腕をはじくような受け方をしていたのでは、この技はできません。中段への当身も効かないでしょう。


 さらに天心古流の「両腕攻」を見てみれば、中段への突きを脇に入れなければなりません。そこで、相手の腕を外へそらすような、拒絶するような内受けをしていたのでは、この技はままなりません。



 それは柔術の話だろ。空手のときは空手、柔術のときは柔術のやり方で、つかいわければいいじゃないか。


 という意見があるかもしれませんが、こと打撃での反撃を見てみたとしても、上記の技たちから得られる教訓を反映した受けのほうが、あきらかに威力が大きくなりますね。



 つまりは、そんな空手をわれわれはふだんから稽古しているわけですが、思えばそれらはいささか不思議な話で、オーソドックスな空手を知っている人からしたら、やはり珍妙に映るのではないでしょうか。




 もちろん、これはかなり初歩的な技術的側面であって、そこまで単純な話だけでは説明しきれない流れ、領域があり、それらも含めてわたしたちは稽古できているわけですが、このあたりのことを説明する気力も体力も、三十路をすぎた裏部長にはもうありません



 筆マメな、目をギラギラさせた若い入門者がやって来るのを、初夏の空の下で待つばかりです。



 
posted by 札幌支部 at 19:29 | Comment(0) | 裏部長の日記

2017年06月10日

突きがあるから

 こんにちは、裏部長です。

 大変ご無沙汰でございます。



 2017年も折り返し地点を迎え、札幌では雨降る肌寒い六月、みなさまいかがおすごしでしょうか。





 いきなりですが、上半期に起こった札幌支部の変化をいくつかご紹介!


 まず、稽古場所が変わりました。ここ数年は、二号館の地下にある比較的広い、そのうえ使用されていない教室がありまして、普段つかわれていないということは机や椅子などを片づけた状態のままで置いておけるということなので、とても楽でして、冬あたたかく夏涼しいという、なんとも快適な空間だったのですが、今年の四月から新たに展示室として生まれ変わると言われ、場所替えを余儀なくされたのです。


 それで、結局どこへ行ったかといえば、わたしが師匠のもとへ入門した当初から、二号館などへ移るまでずっと使用してきた、一号館の地下教室に舞いもどったのです。古巣に帰る、というやつです。


 久方ぶりに訪れた日はなんとなく懐かしさと、そして淋しさがありましたね。


 わたしたちがつかっているのは一番奥の教室で、そこへ行くまでには、三つほど教室が連なっているのですが、そのすべてがいまは授業で使用されていないというのです。少子化のせいなのか、何かほかに理由があるのか知りませんが、机や椅子が雑多に積み上げられ、物置のようにさえ見えるそれらの教室たちは、わたしが学生のころなどはふつうに講義でつかわれていましたからね。時間の流れというのは残酷なものです。





 そして、第二の変化は、Hさんの来札です。


 栃木の高校生だったHさん。あちらでは本部道場で研鑽を積み、高校の空手部でも活躍をし、しかし大学進学に際して、武術への熱情衰えず、最終的にはわが師匠が教授兼副学長として在籍する札幌大学へとやってきたHさん。力士とお米が好きなHさん。靴下が嫌いで、年中裸足でいるHさん。


 本部道場経由とはいえ、札幌支部に常時女性の稽古者がいるのはとても珍しいことで、近年は婦人部と称して、太極拳などを学ぶグループができましたが、空手や体道をメインにする人は、これまでひとりもいなかったのではないでしょうか。


 Hさんはほんとうに稽古熱心で、空手、体道はもちろん、その脇でおこなわれる中国武術の練習や道新文化センターでの古武術講座にも参加して、飄々としながらもつねに武術と触れあっているような人です。


 そしてそのとき、見せてもらった体道の資料の、写真のなかの師範のお若いこと!

 人に歴史あり。その歴史の道の上にわれわれは立っているということを痛感させられました。





 大きな変化といえば、この二点くらいですかねえ。


 Hさんが何気なく打っている型を見て、こちらでやっている型と違い、その差異は何かと調べたら、そもそも動作自体が変更されていたなんてことを発見する夜もあれば、体道のなかのたったひとつの技に目が集まり、数十年前にはこのかたちだったものが、T技術顧問経由でこういった変化があたえられ、現行これだけのヴァリエーションがあるというような学びにいたる夜もあり。


 そして、空手には突きがある。その突きを昇華させてゆく過程で生まれる感覚、育まれる肉体に技が寄り添う。突きがあるから、その突きに対する受けの技がある。受けの技を深めてゆくからこそ生まれる感覚、育まれる肉体に体道の技が呼応したりする。これは空心館にいるからこそできる稽古。ここにいるからあふれる想い。



 この広い世界のなか、長い歴史の上に立って生きながら、そんな特徴のある武術を稽古しているという自覚をもてるようになった裏部長でした。

 
posted by 札幌支部 at 12:58 | Comment(0) | 裏部長の日記

2017年01月07日

餅屋の道楽

 おはようございます。裏部長です。

 みなさま、あけましておめでとうございます。本年もみなさまにとって、よりよい一年でありますことをお祈り申しあげます。




 さて、昨夜は札幌支部の稽古初めでした。


 とはいえ、師匠とわたしのほかには、婦人部のIさん姉妹がいるだけの淋しい稽古で、前半、みんなで八段錦、二十四式と十三式の太極拳をやったあとは、婦人部のおふたりも帰ってしまい、こちらもふたりしみじみと、空手の型をやって終わりました。


 わたしは新たに「慈恩」を教わりました。ところどころ見たことがあるような、しかし全体的にはすこし不思議な型で、みっちり教えていただきました。空手には、ほんとうにいろいろな型があるのですね。




 2017年も、さまざまなことを学び、考え、悩みつつもたのしみ、前進してゆく一年にしたいものですが、肝心なことは肝心なこととして中心に据えて、決して怠けないことをひとつの個人的な目標にしてゆきます。



 よく、「餅は餅屋」などと言います。わたしも、空手と体道をやっている人間である以上、この表看板たる空手と体道を怠ってはいけない。その研究を、その研鑽を、まず第一に考えなければなりません。




 ただし、これは昨年末にも書いたことですが、それだけにかかりっきりになって、頑なになって、自由な発想と旺盛な好奇心を失ってしまっては、豊かな学び、豊かな表現はできないとも感じています。やはり、どの場面においてもたのしむこと。能動的に取り組むこと。この姿勢を忘れないことです。



 とにもかくにも、2017年、よろしくお願い致します。



posted by 札幌支部 at 11:08 | Comment(0) | 裏部長の日記

2016年12月28日

畏れをもって臨む

 こんばんは。裏部長です。

 2016年も残すところあと数日となりましたが、みなさま、元気でおすごしでしょうか。



 師走の札幌は、昨日の師匠の記事にもあった通り、大雪につぐ大雪で、路面はどこもかしこも凍結し、歩行するだけでさまざまな感覚が鍛えられる修行場と化しております。車の運転にもじゅうぶん注意しなければなりません。


 稽古納めがあった今週の月曜日、いつもは車で三十分弱かかるところを、渋滞と車道の凸凹に遮られ、一時間以上を要してようやく大学へたどり着いた裏部長です。停車し、外へ出たときには、長時間の振動にさらされたせいか、運動らしい運動をしていないにも関わらず、すでにヘロヘロでした。



 恐るべし、雪道!





 さて、最近はふとこんなことを考えたりしています。


 フィクションのなかで、裏組織に属している人間が裏切り者へ銃口を向けてこんな台詞を言う場面がよくあります。

秘密を知った者は、もれなく消えてもらう。例外はない

 しかし、勧善懲悪の流れがある作品において、そういった悪は最終的にかならず暴かれ、成敗されますね。


 それはなぜか。


 答えは簡単で、彼らはその例外はない≠ニいうルールを徹底できず、どこかに自ら落とし穴をつくってしまうからです。




 鉄の掟をつくり、それを寸分違わず守りつづけていれば、秘密が暴かれることはないのです。粛清する手をほんのすこしだけゆるめたり、油断して監視する途中で目を離してしまったり、慢心から余裕を感じてつい無駄な猶予をあたえてしまったりしたがために、そこから囲いを破られ、ついには破滅まで追い込まれてしまう。


 徹底していればよかったのです。心を鬼にして、甘えず、迷わず、冷静にルールを守りつづけていれば、きっと彼らの悪が表沙汰にされることはなく、人知れず生き残っていけたことでしょう。


 恐ろしいのは、その人間の甘えなのですね。





 もちろん、裏部長は悪を肯定するものではありません(むしろその逆です)。いまはあえてわかりやすいようにこんな例をあげてみただけです。




 稽古をしているなかでも、そんな風に痛烈に、猛省することがよくあります。


 必要なことはわかっているのです。しかし人間だから、どこかで甘えが出て、慢心に陥り、このくらいのゆるみがあってもいいよね、大丈夫だよね、問題ないよねと自分を説得して、その徹底を怠ってしまう。武術とは動作のなかにあるものです、相手がいることです。ことここに至ってようやく、

しまった!!

 と思うのですが、あとの祭りです。ただ、おのれの未熟さを呪うばかりです。




 来年はどうにか、この徹底ということを自分に課してゆきたい。それも、絶対にこうでなければならぬ、何がなんでもこうしないではおかない、というような、堅苦しい、頑なな姿勢ではなく、全体としてはやわらかな、自然体な自分でいて、そのなかでゆるやかに、しかし厳然と、大切なことを貫いてゆく生き方。これをごく当然のこととして実践できるようになりたいです。



 とはいえ、「しまった!!」と気づき、反省する瞬間にこそ成長がある、という気もするので、上記のようにわざわざ目標のように掲げて、ことさら意識しすぎるというのも、なんというか……。


 ……

 ……

 あっ!

 いかんいかん!


 もうすでに甘えの悪魔が囁きはじめたようです。これだから人間は過ちから逃れられないのです。






 裏部長の葛藤まみれの挑戦は2017年もつづきます。


 みなさまも、有意義かつ晴れやかな一年をお迎えください。



 それでは、よいお年を!
posted by 札幌支部 at 19:10 | Comment(0) | 裏部長の日記